トップ > KUMON now! > スペシャルインタビュー > 多摩大学大学院教授 シンクタンク・ソフィアバンク代表 田坂広志先生(後編)

スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/02/13更新

Vol.017 多摩大学大学院教授 シンクタンク・ソフィアバンク代表 田坂公志先生  後編

自己肯定感を心に抱き
「いまを生き切る」ことで
人間の可能性は花開く

田坂 広志 (たさか ひろし)
1951年、愛媛県生まれ。東京大学工学部卒業、同大大学院で博士号を取得した後、民間企業に入社。1987年より米国のシンクタンク、バテル記念研究所の客員研究員として勤務。1990年に日本総合研究所の設立に参画。2000年、多摩大学大学院教授に就任。同年、21世紀の知のパラダイム転換をめざすシンクタンク・ソフィアバンクを設立。2011年、東日本大震災に伴い内閣官房参与を務める。2013年、1700名の経営者やリーダーが集まり、21世紀の「変革の知性」を学ぶ場、「田坂塾」を開塾。

シンクタンクの代表であり、ビジネス・経営・教育などの分野でも多彩なキャリアを持つ田坂広志先生。世界経済フォーラム(ダボス会議)グローバル・アジェンダ・カウンシルメンバー、世界賢人会議ブダペスト・クラブ日本代表でもあり、地球規模の知識人、そして実践者として活躍されています。一方で、そこに至るまでには大きな苦難や挫折も体験。それらを乗り越えられたのは、ご両親の「祈り」と「潜在意識への教育」があったからだといいます。

MBA取得をあきらめたことで大きな転機につながる

その民間企業(前編参照)の法人営業という仕事で成果をあげ、高い評価をもらえるようになった頃、社内の留学生試験に推薦され、合格することができました。当初は、アメリカのビジネス・スクールに行って、MBA(経営学修士)を取得しようと考えていたのですが、TOEFLやGMATの試験に備えながら、渡米の準備をしているとき、また、大きな人生の分かれ道がやってきました。取引先企業の懇意の役員の方から、「海外出張に同行して欲しい」と請われたのです。「あいにく、その出張時期に、動かせない用事が入っていますので」と二度お断りしたのですが、「どうしても同行して欲しい」と三度目の要請を受けたのです。

ここまで熱心な先方の気持ちに触れると、「これも何かの天の声だろうか」という思いが心に浮かび、TOEFLやGMATの試験を受けるのを諦め、その役員の方の海外出張に同行したのです。ヨーロッパ各地の原子力施設を回り、最後の訪問先がアメリカにある世界最大の技術系シンクタンク・バテル記念研究所でした。そして、この訪問が契機となり、この研究所から働かないかとの誘いを受け、結局、ビジネス・スクールに行くのをやめ、このバテル記念研究所で客員研究員として働くことにしました。いま振り返れば不思議な配剤ですが、その役員の方とのご縁が、私の人生の大きな転機となったのです。

このアメリカのシンクタンクで2年ほど働いた後、日本に帰国しましたが、バテル記念研究所においてシンクタンクの仕事に強く惹かれたことから、まもなく、勤めていた民間企業を退職し、日本で新たに設立されるシンクタンク、日本総合研究所の創業に参画しました。

また、この転職をしたもう一つの理由は、先ほど(前編)お話ししたように、私のライフワークが、人類社会が直面している「5つの問題」(人口爆発・食糧不足・資源枯渇・エネルギー危機・環境問題)を解決することだったからです。もとより、この問題の解決のために原子力工学を学んだわけですが、原子力エネルギーについては、その技術的な問題以上に、人的、組織的、制度的、文化的、そして社会的な問題を解決する必要があることを感じていました。

私の博士論文のテーマでもある「高レベル放射線廃棄物の最終処分」についても、すべては社会的受容、つまり国民がそれを認めるかどうかにかかっていることを感じていました。そうした意味で、私の問題意識は、原子力の技術的なところを越えて社会科学に移り、その問題の解決に取り組むことを志向したわけです。

ただ、そうした思いもあって新たなシンクタンクの設立に参画したのですが、この日本総合研究所を立ち上げた後は、原子力関係のプロジェクト以上に、新産業育成のプロジェクトに取り組むことが自分の使命であるように思えてきたのです。そのため、この日本総研の10年間においては、数々のベンチャー企業や新規事業の育成に力を尽くすことになったのです。

しかし、いま振り返ると、私にとっての本当の人生の転機は、民間企業への就職でも、米国シンクタンクでの勤務でも、新たなシンクタンクの設立でもなく、1983年に与えられた「生死の体験」でした。

挫折を「天の配剤」だと思う理由とは?

関連記事

2015/02/06更新

Vol.017 多摩大学大学院教授 シンクタンク・ソフィアバンク代表 田坂広志先生

自己肯定感を心に抱き「いまを生き切る」ことで人間の可能性は花開く

2013/12/27更新

Vol.004 心療内科医 明橋大二先生

人としての「幸せ」に必要なものは何か学びやしつけの土台となる自己肯定感を育もう

バックナンバー

2017/10/27更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

2017/07/21更新

Vol.044 絵本作家・童話作家 正岡慧子さん

心に思うと現れる 誰にも必ず訪れる人生の分かれ道で どう道を選ぶかが大切

2017/05/12更新

Vol.043 海洋冒険家 白石康次郎さん

自分の幸せのために 思いの方向に舵を切ろう

2017/03/24更新

Vol.042 社会的投資研究者 伊藤健先生

「誰かのために」と考えたとき はじめて学びに対する意欲が湧く 「自分ごと」と「社会ごと」を重ねてみよう

2017/02/17更新

Vol.041 宇宙飛行士 山崎直子さん

興味を温めていれば やがて道はつながる 自分がいる今を大切に歩もう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.238
学習療法実践研究シンポジウムin 名古屋
地域全体で 高齢者を支えあう社会を目指して
Vol.237
「高次脳機能障害」支援拠点病院でのKUMON
笑顔で、できることを増やす リハビリテーション その日々の先に職場、学校への復帰が見えてくる ~よりそう医療、伴走しながらのサポートをめざして ~
Vol.236
貧困層の子どもたちへ持続的な教育支援を目指して
世界最大級の NGO団体 BRACとの協働により、 バングラデシュに初の公文式教室開設!
Vol.235
浮世絵にみる文明開化の子どもたち
浮世絵を通して時代を感じ 日本の文化を再発見
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.050 後編
株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん
自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる
Vol.050 前編
株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん
自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる
Vol.049
パティシエ 本間友梨さん
地道に積み重ねることで 知識や技術が身につき やがて生活の糧となる
Vol.048
行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん
「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」  
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。