スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/07/25更新

Vol.011 腹話術師 いっこく堂さん  後編

誰か考えたことをするよりは
自分考えたことをやりたい

いっこく堂 (いっこくどう)
1963年、沖縄県出身。本名、玉城一石(たまきいっこく)。ものまねタレント、劇団民藝の舞台俳優を経て、1992年から独学で腹話術に挑む。これまでにない「2体人形の同時操り」「時間差会話」「唇をまったく動かさない技術の高さ」など、腹話術で独自の境地を開き注目される。1999年には文化庁芸術祭新人賞をはじめ各賞を受賞。現在、アジア・アメリカ・ヨーロッパなど18か国に活動の場を広げ、国内外合わせ年間200を超える公演をこなす。2012年、初の著書『ぼくは、いつでもぼくだった』をくもん出版より刊行。

腹話術に新しい風を吹き込み、日本国内のみならず海外にも活躍の場を広げるいっこく堂さん。腹話術という伝統芸に新たな境地を開くために、どのように挑んできたのか。多大な努力の積み重ねで芸の道を究めてきたストイックなまでの姿勢は、学びに対する謙虚で真摯な取り組みに通じるものでした。

米倉斉加年さんが独立へと背中を押してくれた

故郷の沖縄から東京に出てきて、本格的に役者の修行を始めると、すぐに挫折はやってきました。人が簡単にできることが自分にはできない。まずリズム感がない。小2の体育の授業で、行進の足踏みが“わるい見本”と指摘されたくらいなので、ダンスとか太鼓とかの動きがどうも苦手なんです。それに加えて不器用ときた……。

僕は民藝という劇団に所属していたのですが、その不器用さからか、芝居も裏方の仕事もうまくできなくてたいへんでした。あるとき、僕なりにお客さんを笑わせたいと思って、脚本にはない演技をしてみたのですが、これが完全に裏目にでました。演出家さんの「みんな真剣にやっているのに、お前はちょちょいのちょいで芝居をやりやがって!」という一言がこたえました。

ここは僕の居場所じゃないな、と思い始めてから1年ほどたったころでしょうか。とある旅公演での劇団員の宴会で一芸を披露することになったんです。おそれ知らずにも、「劇団民藝」の重鎮だった宇野重吉先生の演出風景のものまねをすると、案の定「酔いが醒めるからやめてくれ!」ってヤジられました。そのほか演出家の米倉斉加年さんのものまねもご本人の前でやらせてもらいました。「お前のモノマネは全然似てないじゃないか! だけど面白かったから優勝!」とか(笑)。米倉さんにそう言われてとてもうれしかったですね。

米倉さんが「お前はひとりでやるほうが面白い。ひとりで何かやってみなさい」とおっしゃってくれて、翌日からは舞台稽古の合間に漫談の練習をやるようになったんです。忙しいのに、米倉さんは必ず見てくれました。「面白くない!全然面白くない!」って言いながら……。でも、ひとり立ちする背中を押してくれたのは、間違いなく米倉さんでした。

腹話術をやろうと決めたのは1992年のこと。当時、腹話術は坊やの人形との掛け合いが基本でした。しかし、僕はもっと新しい、誰も見たことのない腹話術をやりたいと思っていました。僕と人形との主従関係が逆だったり、同時に2体の人形を操ったりする腹話術を。でもそれは、師匠に教わることはできない、すべて独学で身につけるしかないことも意味していました。

「腹話術では不可能」といわれていた挑戦とは?

関連記事

2014/07/18更新

Vol.011 腹話術師 いっこく堂さん

誰かが考えたことをするよりは自分で考えたことをやりたい

バックナンバー

2017/10/27更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

2017/07/21更新

Vol.044 絵本作家・童話作家 正岡慧子さん

心に思うと現れる 誰にも必ず訪れる人生の分かれ道で どう道を選ぶかが大切

2017/05/12更新

Vol.043 海洋冒険家 白石康次郎さん

自分の幸せのために 思いの方向に舵を切ろう

2017/03/24更新

Vol.042 社会的投資研究者 伊藤健先生

「誰かのために」と考えたとき はじめて学びに対する意欲が湧く 「自分ごと」と「社会ごと」を重ねてみよう

2017/02/17更新

Vol.041 宇宙飛行士 山崎直子さん

興味を温めていれば やがて道はつながる 自分がいる今を大切に歩もう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.239
創造力を育む玩具をクリスマスプレゼントに!
くもん出版の玩具開発の秘訣とは…? ~『NEWくみくみスロープたっぷり100』 発売に寄せて~
Vol.238
学習療法実践研究シンポジウムin 名古屋
地域全体で 高齢者を支えあう社会を目指して
Vol.237
「高次脳機能障害」支援拠点病院でのKUMON
笑顔で、できることを増やす リハビリテーション その日々の先に職場、学校への復帰が見えてくる ~よりそう医療、伴走しながらのサポートをめざして ~
Vol.236
貧困層の子どもたちへ持続的な教育支援を目指して
世界最大級の NGO団体 BRACとの協働により、 バングラデシュに初の公文式教室開設!
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.050 後編
株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん
自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる
Vol.050 前編
株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん
自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる
Vol.049
パティシエ 本間友梨さん
地道に積み重ねることで 知識や技術が身につき やがて生活の糧となる
Vol.048
行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん
「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」  
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。