スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/07/18更新

Vol.011 腹話術師 いっこく堂さん  前編

誰か考えたことをするよりは
自分考えたことをやりたい

いっこく堂 (いっこくどう)
1963年、沖縄県出身。本名、玉城一石(たまきいっこく)。ものまねタレント、劇団民藝の舞台俳優を経て、1992年から独学で腹話術に挑む。これまでにない「2体人形の同時操り」「時間差会話」「唇をまったく動かさない技術の高さ」など、腹話術で独自の境地を開き注目される。1999年には文化庁芸術祭新人賞をはじめ各賞を受賞。現在、アジア・アメリカ・ヨーロッパなど18か国に活動の場を広げ、国内外合わせ年間200を超える公演をこなす。2012年、初の著書『ぼくは、いつでもぼくだった』をくもん出版より刊行。

腹話術に新しい風を吹き込み、日本国内のみならず海外にも活躍の場を広げるいっこく堂さん。腹話術という伝統芸に新たな境地を開くために、どのように挑んできたのか。多大な努力の積み重ねで芸の道を究めてきたストイックなまでの姿勢は、学びに対する謙虚で真摯な取り組みに通じるものでした。

命どぅ宝(ぬちどぅたから)”という教え

父親は、僕が小学1年生のときから3~4年くらい、船員としてずっとタンカーに乗っていました。母は家の借金を返すために夜中も働いていたので、両親ともにとにかく家にいませんでしたね。そんなでしたから、子どものころは自由奔放に遊んでいました。

わが家にはテレビがなかったので、人の家に行って見せてもらったり、本当はいけないのですが、米軍基地のなかに入って探検をしたり。いい子かわるい子かでいえば、わるい子でしょう。礼儀を教わったこともありませんでしたし。でももしかしたら、それは沖縄という風土だったからなのかもしれません。みんな大らかだから(笑)。自分の子も人の子も一緒に育てるっていう土地柄ですね。

僕は働いている母をずっと見ていたし、借金があるのも知っていました。だからグレるとか道を外れる、ということはなかったです。母の口ぐせは「命は大事」。“命どぅ宝(ぬちどぅたから)”というのは沖縄の人はみんな言います。何でも命あってこそ。おそらく悲惨な戦争を体験したからでしょう。

母は夜も働いていたので、夕食は毎日のようにタッパーに入ったモヤシ炒めでした。僕がそれに文句を言うと、「昔は食べられなかったんだよ!」とよく叱られました。第二次世界大戦中は両親ともに南方戦線にいて、本当に大変だったそうです。それこそカエルを食べたりトカゲを食べたり、かたつむりまで食べていたといいます。それからすればお前は本当に恵まれている、とね。

当時は学校に満足に通えるような環境ではなく、とにかく早く社会に出て働いて、家族を食べさせなきゃいけなかった。そういう時代でもあったのですね。特別に何か言葉をもらったわけではありませんが、両親は僕にいつも背中を見せていたんだと思いますし、そんな両親を尊敬しています。

僕にやる気と自信をくれた先生のコトバとは?

関連記事

2014/07/25更新

Vol.011 腹話術師 いっこく堂さん

誰かが考えたことをするよりは自分で考えたことをやりたい

バックナンバー

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2018/04/20更新

Vol.048 書写書道教育研究者 宮澤正明先生

人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果

2018/03/23更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生

英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう

2017/12/22更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

2017/10/27更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.265
浮世絵に見る明治維新のころの教育
今年は明治維新150年! 浮世絵から見えてくる 当時の「学び」の変化とは?
Vol.264
子育てママ・パパの絵本ランキング
ミーテ会員が選んだ! 出産祝いに おすすめの絵本を発表!
Vol.263
公文式の施設導入-
児童養護施設 日本水上学園
将来の自立につながる学習支援 施設スタッフとの「大切な時間」
Vol.262
国語も算数もKUMON―株式会社ドコモ・プラスハーティ
メンタルヘルスケアにも 社会性の向上にもつながる 公文式による学習意欲 の広がり
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.056 後編
朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん
人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう
Vol.056 前編
朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん
人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう
Vol.055
小児外科医 吉岡 秀人さん
「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう
Vol.054
「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん
過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。