スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2013/12/27更新

Vol.004 心療内科医 明橋大二先生  後編

人としての「幸せ」に必要なものは何か
学びやしつけの土台となる
自己肯定感を育もう

明橋 大二 (あけはし だいじ)
1959年大阪府生まれ。京都大学医学部卒業。国立京都病院内科、名古屋大学医学部付属病院
精神科、愛知県立城山病院を経て、現在は真生会富山病院心療内科部長のほか、児童相談所
嘱託医、スクールカウンセラー、NPO法人子どもの権利支援センターぱれっと理事長を兼務。専
門は精神病理学、児童思春期精神医療。

子育てに奮闘する母親たちのバイブルともいえる超ベストセラーシリーズ『子育てハッピーアドバイス』の著者、明橋大二先生。心療内科医として「自己肯定感の大切さ」を説くと同時に、子育て中の親支援の必要性も訴え、スクールカウンセラーとしても活躍中です。そのアグレッシブな活動の源にあるものとは? ご自身の生い立ちもふり返っていただきながら、子どもの育ちに大切なことについてうかがいました。

モヤモヤしながら診察するなか、あるとき啓示が降りたように“気づき”が……

医学部を卒業後、最初の2年間は内科の研修医でした。内科にも摂食障害だったり、ガンで余命いくばくもなかったりと、精神的なケアが必要な患者さんがたくさんおられて、ますますメンタルな部分での診療は大切だと思うようになりました。

その後、名古屋大学で精神科医としてのキャリアをスタートします。来る日も来る日も、暴言を吐いたり、リストカットや自殺未遂をくり返したりする患者さんを診ていて、なぜこうなってしまうのか、ずっとモヤモヤ考えていましたが、あるとき、子ども時代が影響していることに気づきました。患者さんの生い立ちを見ていると、子ども時代にSOSのサインを出しているのです。不登校になったり、虐待を受けていたり……。そして「自分なんかどうでもいい」「自分は生きている価値がない」と自己否定するのです。「そうか、すべての元はここにある」と、啓示が降りたように気づきました。自己肯定感がしっかりと育っていれば、いまのような症状は出ないはずだ、と。

それで子どものメンタルケアに力を入れるようになり、スクールカウンセラーや児童相談所の嘱託医も引き受けるようになりました。私の予測通り、「どうせボクなんか」と自分の頭を殴ったりする、成人と同じような症状が子どもにも出ていました。20歳を過ぎると治療して恢復するには10年ほどかかりますが、小学生であれば1~2年で見違えるように変わります。やはり子ども時代のケアが大事と実感していると、今度は保育園でもそういう症状が出てきている子たちがいると、園長先生から相談を受けました。

なぜそうなってしまうのか。親がいっぱいいっぱいで、つい怒鳴っていたり、カリカリしていたりするから、ということが見えてきました。ならば、親のケアも必要ではないか。それで子育て支援から、親支援に行き着いたのです。そこが改善できれば、子どもの健全な成長が見えてきます。

イラストの親しみやすさもあって、多くの方々に手に取っていただいている『子育てハッピーアドバイス』は、子育ての現場から見えてきた、この「自己肯定感」と「親支援」の大切さを一貫して記しています。私は医者としてはまだまだ未熟だと思っていますが、この2つの重要性は、間違っていないと確信しています。

明橋先生ご自身が医者としてつらいとき、励みになるコトバとは?

関連記事

2013/12/20更新

Vol.004 心療内科医 明橋大二先生

人としての「幸せ」に必要なものは何か 学びやしつけの土台となる 自己肯定感を育もう

2014/03/20更新

Vol.007 発達心理学者 田島信元先生

もって生まれた学習能力は衰えることはない人は生涯にわたって発達し続ける

2018/04/20更新

Vol.048 書写書道教育研究者 宮澤正明先生

人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果

2015/05/29更新

Vol.021 小児科医 田中恭子先生

「自分には何ができるか」。 “気付き”を一歩先につなげること、 をつねに問いつづけ子どもたちと ご家族によりそう医療をめざす

2015/05/22更新

Vol.021 小児科医 田中恭子先生

「自分には何ができるか」。 “気付き”を一歩先につなげること、 をつねに問いつづけ子どもたちと ご家族によりそう医療をめざす

バックナンバー

2018/09/28更新

Vol.050 大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生

「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2018/04/20更新

Vol.048 書写書道教育研究者 宮澤正明先生

人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果

2018/03/23更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生

英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう

2017/12/22更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.277
English Immersion Camp 2018
英語をツールに広がる世界 ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2018開催~
Vol.276
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(4) 伊藤健先生
社会的投資の専門家、伊藤健先生が語る KUMONは「イノベーション」を作り出す企業
Vol.275
ビーチテニス選手として活躍する公文式OB
ビーチテニスに生きている 公文式学習で身につけた力
Vol.274
公文書写―毛筆教材が新しくなりました!
はじめて毛筆を持つ幼児など あらゆる世代の方々が 学びやすい教材に
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.058 前編
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
Vol.057
イラストレーター ももろさん
成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる
Vol.056
朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん
人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう
Vol.055
小児外科医 吉岡 秀人さん
「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。