OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/11/16更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん  後編

何ごとも続けることになる
その力が自信となって
チャレンジする勇気につながる

古瀬 里恵 (ふるせ りえ)
熊本県生まれ。3歳より姉の影響でエレクトーンを習い、7歳でピアノに転向、進学で上京する18歳まで続ける。獨協大学外国語学部フランス語学科に在学中、ジャズヴォーカリストとして活動を開始。卒業後、来日シンガーの通訳をしながらジャズクラブなどで歌い続け、ダンスミュージック・グループ “Chic(シック)” の元メンバー、ディーヴァ・グレイに師事。2009年より渡仏し、パリを拠点にグローバルな活動を開始。2010年、ベトナム・ホーチミン市で行われた48 Hour Film Projectにて、自身の楽曲を提供した短編映画が最優秀音楽賞を受賞。現在は、熊本民謡をジャズにアレンジするなどオリジナリティあふれる音楽スタイルを確立。

パリを拠点に、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、中東とグローバルに活躍するジャズヴォーカリストの古瀬里恵さん。幼少のころから歌とピアノが大好きでしたが、公文式の英語が楽しくて、将来は得意の語学を活かした仕事を、と考えていたそうです。ところが大学2年のとき、ジャズクラブを訪れたことで歌への情熱が再燃。目標に向かい、さまざまな決断と行動を重ね、ピンチを乗り越え、夢をかなえました。じつはその後押しとなったのは、公文式教室での学びだったそう。その「学び」とはどんなものだったのか、夢を実現するために大切にしてきたことなども含めてうかがいました。

渡仏するもビザ延長が困難に
アクションを起こせば解決策は必ず見つかる

「歌で生きていこう」と決めて大学を卒業した私は、外資系企業で派遣として働きながら歌い続けていました。2度目の転機は25歳のとき。知り合いに誘われ、アメリカのダンスミュージック・グループ“Chic(シック)”の元メンバー、ディーヴァ・グレイの通訳をフルタイムでする機会をいただいたことです。

シンガーとして経験豊富な彼女から、歌をはじめ、さまざまなことを教わりました。この経験が自信につながっただけでなく、彼女の友人でロバータ・フラック、マーカス・ミラーなどの世界的な一流アーティストが来日するとコンサートや楽屋に連れて行ってくれて。普通なら会えない一流の方々の演奏を間近で聞き、彼らと身近に接することで、自分の掲げた夢に少しずつ近づいている気がしました。

そんなあるとき、会員制クラブでの弾き語りのオファーをいただきました。最初は「弾き語りはやったことがないし……」と尻込みしていたのですが、「Yes」と言いなさい、とディーヴァから言われ、とりあえず「Yes」と言い、2週間後に迫った本番まで必死に練習し、なんとかこなしました。当時、そのクラブの専属シンガー/ピアニスト4人のうち私以外は経験豊富なネイティブの外国人、私はすぐクビになると思っていたのですが、結果的に1年以上続けることができて、これもうれしかったですね。

その後、新しい環境でチャレンジしたいと思うようになり、フランスに行くことに。ジャズの本場といえばニューヨークを連想すると思いますが、たくさんの日本人がすでに拠点にしているし、私は学生時代にせっかくフランス語を勉強したからということで、パリを選んだのです。1年間だけ、と思っていましたが、「もっとここで学びたい。まだチャレンジしたいことがたくさんある」と、結局今日までパリに住んでいます。

じつはその間、ビザの延長が難しくて、あきらめて帰国しようと思ったこともあります。するとパリの友人に「簡単にあきらめて帰るの?」といわれ、ハッとしました。それからどうやったらビザが取れるか必死で考え、行動しました。仕事を通じてご縁ができたフランス関係者の方々に連絡をとり、これまでの活動内容などを説明した書類を沢山提出した結果、無事にビザが発給されました。

ここから得た学びは「アクションを起こすことで何らかの解決策は必ず見つかる」ということ、「一人ではできないことは、周りに助けを求めることも大事」ということです。ビザ取得に限らず、ピンチのときにさまざまな方に助けられてきたのは、「何としてでも実現したい」というパッションが伝わったからかもしれません。感謝の気持ちでいっぱいです。

世界で活躍する古瀬さんの原動力とは?

関連記事

2018/11/09更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2017/07/28更新

Vol.044 絵本作家・童話作家 正岡慧子さん

心に思うと現れる 誰にも必ず訪れる人生の分かれ道で どう道を選ぶかが大切

2016/11/11更新

Vol.038 スイーツジャーナリスト 平岩 理緒さん

コツコツを積み重ねれば 必ず自分の力になり結果を生み出す 夢があればやがてひとつの道でつながる

2016/03/11更新

Vol.030 貼り絵作家 岡森 陽子さん

学びや経験の積み重ねは 貼り絵のように重なり合い その人自身の色として輝きを放つ

バックナンバー

2018/11/09更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2018/07/13更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.286
試行錯誤をくり返しながらパズルで楽しく遊ぶ
楽しく論理的思考力を養える 『ロジカルルートパズル』
Vol.285
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(6) 多賀幹子さん
ジャーナリスト多賀幹子さんが語る 指導者の情熱こそKUMONの神髄
Vol.284
ポーランド共和国に公文式教室開設
ポーランド共和国に公文式教室開設 ~KUMONは51の国と地域へ~
Vol.283
学習療法実践研究シンポジウムin ふくしま
「学習療法」「脳の健康教室」を活かし みんなで高齢者を支えるために
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.051 後編
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
Vol.051 前編
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
Vol.050
大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生
「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう
Vol.049
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。