トップ > KUMON now! > OB・OGインタビュー > 森林政策学者 東南アジア地域研究 原田一宏先生(前編)

OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/01/06更新

Vol.040 森林政策学者 東南アジア地域研究
原田一宏先生  前編

人生は一度決めなくていい
回り道
の経験は無駄にはならない
可能性が1%でもあれば挑戦しよう

原田 一宏 (はらだ かずひろ)
京都府生まれ。東山高等学校卒業、東京大学農学部農業生物学科卒業、東京大学大学院農学生命科学研究科森林科学専攻博士課程修了。インドネシア林業省国立公園事務所(JICA長期派遣専門家)、マードゥク大学アジア研究センター(オーストラリア)、公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)、兵庫県立大学環境人間学部を経て、2014年4月より名古屋大学大学院生命農学研究科教授。著書に『熱帯林の紛争管理―保護と利用の対立を超えて』(原人舎)など。公文では小5から中1まで算数・数学、国語、英語を学習。

東南アジアの熱帯林の現地でフィールドワークを行っている農学博士の原田一宏先生。森林保全など地球環境保護の大切さがクローズアップされる中、熱帯林の保全をめぐって、実際に現地では何が起こっているのかという忘れられがちな視点から研究をしています。二度も壮絶なマラリア感染を体験しながらも、フィールドに向かい続ける原田先生、その情熱の源は?生い立ちとともに、途上国に対する熱い想いを伺いました。

聞こえの良い言葉の背景にあることを伝えたい

現在私が特に関心を持っているのは、「東南アジアで熱帯林がどんどん減少していくなか、現地では何が起こっているのか」ということです。 

1990年代、地球環境を守るために「気候変動枠組条約」や「生物多様性条約」といった国際的な条約が作られました。その一環で、熱帯林を含め、世界の森林を守ることが重要だと言われるようになりました。グローバルな環境保全の重要性が唱えられる中、そのこと自体は確かです。しかし、森林の現場で何が起きているのかということはあまり知られていません。現地に行き、そこに住む人たちから話を聞く中で、「国際的な合意のもとにつくられた条約や政策が、ローカルの住民にとってどんな意味があるのか、また、それが地域でどう活かされているのか」を明らかにするのが私の研究の目的です。

東南アジアなどの途上国には、森林に依存して生活している人たちがたくさんいます。ですから、ただ単に森林を保全するだけではなく、そうした人たちのことを考える必要があります。しかし、そもそも森林減少の背景には、政治的、社会的、経済的な側面が絡み合っていて、問題はそう単純ではありません。その混沌とした状況の中で、どこに問題の根源があるのかということも研究しています。

たとえば、途上国の森林や生物多様性を守るために国立公園が設定された地域では、その地域にずっと昔からそこに住み、森林資源を利用していた先住民が立ち退きを命じられたり、公園内にある資源にアクセスできなくなるという問題も発生しています。そこで、公園を管理する側と住民が共存できる道を探ることも研究テーマの1つになります。

「生物多様性保全」や「森林保全」などはよく聞く言葉だと思いますが、その背景では、先進国に住む私たちには見えないことがたくさん起きています。そこに入り込めるのが研究者です。プラスもあるけれどマイナスもある。そういう中で地球環境問題を多面的に考えていく必要があるのです。

この道に進むきっかけとなった体験とは?

関連記事

2017/01/13更新

Vol.040 森林政策学者 東南アジア地域研究
原田一宏先生

人生は一度で決めなくていい 回り道の経験は無駄にはならない 可能性が1%でもあれば挑戦しよう

2017/08/04更新

Vol.046 盆栽芸術家 秋山実さん

素材を見極め先を見る 人も盆栽も「続ける」ことで 成長と結果がついてくる

2016/04/08更新

Vol.031 起業家 マリタ・チェンさん

世界はチャンスに満ちている テクノロジーの力で 世界の人々を助けたい

2017/03/10更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2017/09/08更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

バックナンバー

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2018/07/13更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

2018/06/01更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

2018/03/09更新

Vol.053 株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん

「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.273
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(3)
井上達彦先生
経営学の専門家・井上達彦先生が語る 模倣できない公文式は「究極の学びの場」
Vol.272
公文式の施設導入―
児童養護施設 大村報徳学園
信念を持った大人が集うことで 明日への活力が生まれ 子どもたちの未来が明るくなる
Vol.271
英語もKUMON―北浦三育中学校
「やる気のスイッチ」をオンにする 「丁寧さ」と「楽しさ」 「自学自習」の力を身に付ける一助にも
Vol.270
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(2) 田島信元先生
発達心理学者・田島信元先生が語る 公文式学習は「自己効力感」の積み重ね
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.049 後編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.049 前編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.048
書写書道教育研究者 宮澤正明先生
人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果
Vol.047
英語教育学者 町田 智久先生
英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。