OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/06/10更新

Vol.033 気象庁 有田 真さん  後編

自分の好きなものの中に、
未来の自分がある
与えられた環境でベストを尽くそう

有田 真 (ありた しん)
鳥取県生まれ。2004年気象庁に入庁。金沢地方気象台、気象庁海洋気象課、地磁気観測所女満別出張所(現女満別観測施設)を経て、地磁気観測所在勤中の2010年には第52次日本南極地域観測隊宙空越冬隊員として南極観測隊に参加。現在は網走地方気象台勤務。

第52次日本南極地域観測隊宙空越冬隊員として南極観測隊に参加し、現在は網走地方気象台で気象観測の仕事をしている有田真さん。南極という厳しい自然環境の中で有田さんを支えたのは、同じ目標に向かう仲間との絆、そして、根気強く続けることでようやく見えてくる自然の真実の姿。好きなことをあきらめない気持ちで人生を切り拓いてきた有田さんにお話をうかがいました。

こつこつと誠実に続けた先に見えてくるもの

南極では多くのことを学びました。意外と寒さや雪にはすぐ慣れましたが、一日中太陽が沈まない「白夜」や、その逆で太陽が全く上らない「極夜」には驚きました。極夜中に気持ちが落ち込むことはなかったものの、2か月ぶりに上った太陽を見てすごくうれしかった。生き物としてやはり太陽に生かされているのだと感じました。

また、南極には私のような観測部門に所属する隊員以外にも、機械整備や調理や医療など、その道のプロたちが日々の観測を縁の下で支えてくれています。仲間と協力しなければ極地のような厳しい環境で生きていくことはできません。南極観測隊に参加して同じ志をもつ仲間と出会えたことは何よりの財産です。幼いころは友だちが誘いに来ても気乗りがしないと遊ばなかったような自分が、変わるものですね……。


みずほ旅行で使用した大型雪上車

南極では野外に出て移動することを「旅行」と呼びます。私も昭和基地から南極大陸内陸にあるみずほ基地まで、約270kmを雪上車にたくさんの燃料を積んで「旅行」に出かけました。その目的の一つは、燃料のドラム缶をみずほ基地に置くことです。これが夏にさらにそこから約700km内陸のドームふじ基地に行く別のグループのガソリンスタンド代わりになるんです。

長い年月をかけて行われてきた南極観測を引き継ぎ、そして次の隊に伝えていくこと。自分ができることは一つの点にすぎませんが、その点が線となり、自然現象の解明へとつながっていくのです。より正確なデータを出すには細かく観測するしかありません。

例えば昭和基地の年平均気温の推移。1年ごとのデータで見ると、年によって高かったり低かったりしています。これまでのデータを見る限りでは、南極の昭和基地の平均気温は上がっているとも下がっているとも言えません。しかし観測が毎年ではなく数年ごとだったりした場合、急激に温度が上昇しているかのように見えてしまうことが起こりえます。長期にわたりこつこつと誠実に続ける。そうしないと、自然は本当の姿を見せてはくれません。

南極観測と子ども時代の勉強の共通点とは?

関連記事

2015/12/11更新

Vol.027 株式会社コルク 代表取締役社長
佐渡島庸平さん

時代の変化のスピードは早い 自分にとって何が楽しいかを知り、 追求すれば未来は広がる

2017/02/10更新

Vol.041 プロゴルファー 武尾咲希さん

一打一打の積み重ねが 高みにつながるから 「結果」に至る「内容」を大切に

2016/11/11更新

Vol.038 スイーツジャーナリスト 平岩 理緒さん

コツコツを積み重ねれば 必ず自分の力になり結果を生み出す 夢があればやがてひとつの道でつながる

2017/04/14更新

Vol.043 労働経済学者 浦坂純子先生

積み重ねることで 見える景色は変わってくる 足元の一歩一歩を登って道を開こう

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

バックナンバー

2018/11/09更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2018/07/13更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.285
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(6) 多賀幹子さん
ジャーナリスト多賀幹子さんが語る 指導者の情熱こそKUMONの神髄
Vol.284
ポーランド共和国に公文式教室開設
ポーランド共和国に公文式教室開設 ~KUMONは51の国と地域へ~
Vol.283
学習療法実践研究シンポジウムin ふくしま
「学習療法」「脳の健康教室」を活かし みんなで高齢者を支えるために
Vol.282
くろくまくん絵本10周年
くろくまくんに込められた想いとは?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.051 後編
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
Vol.051 前編
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
Vol.050
大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生
「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう
Vol.049
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。