OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/06/05更新

Vol.020 建築史・建築批評家 五十嵐太郎さん  前編

誰もやっていないことに
チャレンジしてみよう

未経験はむしろ自分の可能性
ひろげるチャンス

五十嵐 太郎 (いがらし たろう)
1967年フランス・パリ生まれ。1990年東京大学工学部建築学科卒業。1992年東京大学大学院修士課程修了。博士(工学)。中部大学工学部助教授、東北大学大学院准教授を経て、2009年から東北大学大学院教授。ヴェネツィアビエンナーレ国際建築展2008の日本館コミッショナー、あいちトリエンナーレ2013の芸術監督を務めた。著作に『現代建築に関する16章』(講談社現代新書)、『被災地を歩きながら考えたこと』(みすず書房)、『建築と音楽』(NTT出版)、『戦争と建築』(晶文社)など多数。

「建築史・建築批評家」として、「建築」という分野に軸足を置きながら、新聞の書評委員や映画のコメンテーターとしても活躍されている五十嵐太郎さん。来場者62万人を超えた「あいちトリエンナーレ2013」では、芸術監督を務められました。「より多くの人に建築はおもしろい!と思ってもらいたい」との思いで多彩な活動をされている五十嵐さんに、建築の魅力や「建築史・建築批評家」として活動される背景などについてうかがいました。

その街の歴史、社会が建物をつくるぼくの建築へのアプローチ

東京の品川駅の湾岸側に、品川インターシティと品川グランドコモンズという高層ビル群があります。これらの建物は同じような高さで並んでいますが、それはなぜだかわかりますか。近くに羽田空港があって、飛行機の離発着とぶつからない高さの制限ぎりぎりに合わせているからなんです。そんなふうに、「この建物はなんでこんな形でこんなところにあるのかな?」という視点で建築を見ると、その街独自の歴史や背景、文化が見えてきます。もちろん、純粋に芸術として、「デザインがいいね」という見方もできますし、奇抜な形の建築でも構造的な裏付けがないと建てられないので、工学的な視点で見ることもできます。

一方で、社会環境が建築をつくらせる場合もあります。たとえば小学校が建てられているのは公的な教育制度があるからで、制度がなかった大昔には学校という建物はありませんでした。国会議事堂も議会制度をもとに作られました。建築は雑多なものの集積です。だから、いろんな切り口から見ることができて、何にでもつながっていく。さまざまなことが読み取れて、街を歩いていても飽きません。建築をつくったりデザインするのではなく周辺の物語に着目する、それがぼくの建築への関わり方です。

日本で建築学が属するのは、一般的に工学部ですが、幅広い分野にまたがります。耐震構造の研究など、純粋に「工学」に近いものから、構法や材料、またリサイクルを考えたり、空調などをコントロールするといった、「環境」からのアプローチ、設計・デザインという「芸術」的なアプローチもありますし、間取りや配置などを考える「計画学」、さらには「歴史学」など、人文系に限りなく近い分野のものまであります。

ぼくはもともと歴史学が専門で、現在、東北大学大学院の教授として、都市・建築デザイン学の研究室をもち、近現代の建築史や建築論・都市論のほか、設計・デザインの授業も担当しています。ただ、「歴史」の対象とされるのは、だいたい50年以上経ってからのものなので、比較的新しいものについては、批評あるいは評論となります。それで「建築批評家」という肩書きをつけています。

工学部に進学できた理由とは?

関連記事

2015/06/12更新

Vol.020 建築史・建築批評家 五十嵐太郎さん

誰もやっていないことに チャレンジしてみよう 未経験はむしろ自分の可能性を ひろげるチャンス

調査・研究・アンケート  2015/05/19更新

Vol.087 大学生意識調査-音楽編

「楽器が上達する秘訣」は? 楽器の演奏を楽しんでいる大学生791人に聞きました

バックナンバー

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2018/07/13更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

2018/06/01更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.277
English Immersion Camp 2018
英語をツールに広がる世界 ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2018開催~
Vol.276
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(4) 伊藤健先生
社会的投資の専門家、伊藤健先生が語る KUMONは「イノベーション」を作り出す企業
Vol.275
ビーチテニス選手として活躍する公文式OB
ビーチテニスに生きている 公文式学習で身につけた力
Vol.274
公文書写―毛筆教材が新しくなりました!
はじめて毛筆を持つ幼児など あらゆる世代の方々が 学びやすい教材に
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.050 後編
大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生
「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう
Vol.050 前編
大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生
「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう
Vol.049
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.048
書写書道教育研究者 宮澤正明先生
人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。