OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/03/13更新

Vol.018 被災地内科医 森田知宏さん  後編

最先端医療10人を救うよりも
別の方法で10万人を救う医療をめざして
被災地での現状に向き合う

森田知宏 (もりた ともひろ)
1987年大阪生まれ。2012年3月東京大学医学部医学科卒業。同年4月より千葉の総合病院にて初期研修。2014年5月より相馬中央病院の内科医として勤務。同年4月より、東京大学大学院医学系研究科にも在籍、相馬での実践を科学的に分析する研究も始めている。

中学生のときから医師を志し、夢をかなえた森田先生。大学時代の同期の多くが専門医・認定医として特定医療分野をめざすなか、あえてその道は選ばず、医師免許を取得してすぐ、いまだ「被災地」である福島県相馬の病院に自ら希望して赴任。東日本大震災とそれに伴う原発事故の影響もあり高齢化が加速する地域の現状は、「近い将来の日本の姿」だと考える森田先生に、自身がいますべきこと、めざしたい未来についてうかがいました。

社会的な問題を医療の視点で捉えるそれも科学的な視点と分析で捉える

大学に入学してしばらくして、ある研究室に入りました。その研究室は、医学部内にあるものの、医療過誤や訴訟や薬害などをはじめ、社会のなかで医療はどうあるべきかという方向で、社会的な問題を医療の視点で捉える研究をしていました。そこで僕は社会と医療の接点を深く考えるようになりました。研究室でお世話になった教授には、現在も大学院の研究科で指導していただいています。

そうして冒頭(前編)でお伝えしたように、医学部6年生のときに東日本大震災が起き、その研究室の先生方とともに震災2ヵ月後に飯館村に入りました。そのときも放射線量はけっこう高かったので心配でしたが、「なんとかなるだろう」と何の根拠もなく思っていました。線量計はずっと鳴りっぱなしでしたが、とにかく現地入りすることが最優先でした。

医学生として福島に何度も行って感じたのは、「復興が形として見えるまでには、かなりの時間がかかるだろう」ということ。だからこそ、「ここで医者をやりたい」との思いを強くしました。初期研修は千葉の総合病院に決まっていたので、それが終わって医師免許を取得し、すぐに福島の相馬市の病院に赴任することにしました。

多くの医師は、医師免許を取得後、つぎのステップとして「専門医」や「認定医」をめざしますが、僕はその道を選びませんでした。もちろん、今後もこのままかどうか、まだ具体的な未来像が見えていないのでわかりませんが、「専門医」をめざすよりは、より多くの人を診たいという思いで医療活動を続けたい、という考えです。

たしかに専門医となって最先端の医療を担うことも大事で、その最先端医療で10人を救うという道もあります。ですが、それとは別に、もっと安価で簡便な方法で10万人を救うという道もあると思います。どちらが大事かという話はではなく、僕としては10万人を救うほうに賭けたいのです。その糸口が、いま相馬で携わっている医療活動のなかにあるのではないかと考えています。

自分の専門性を高めることに時間を費やすよりも、僕にとってはもっと大切だと思うことがあります。それが、社会のさまざまな問題や課題に対して医療は何ができるか、を考えること。そして、その大きな問題や課題のひとつが「高齢化社会」です。それに、きちんと向き合いたいと思うのです。

これから日本はどんどん高齢化が進みます。若者2人で高齢者1人を介護しなくてはならない時代も、そう遠くない未来にあると思います。そのときが来たとき、現状のままでは立ち行かないことは明白です。やがてくる、必ずやってくる、その問題に向き合う人も知恵も必要です。いま相馬の病院で働いている、というよりもがいていると表現したほうが合っているのかもしれませんが、毎日が困難や迷いの連続です。けれども、そのことが、近い将来、日本が直面する問題の解決や改善に、きっと役立つとも思っています。

大学院の研究科に籍を置こうと思ったのも、未熟な自分にはもっと学ぶ機会が必要ですし、なにより相馬での医療活動を科学的にきちんと分析したいとの思いからです。被災によって高齢化が加速する現場で、高齢者を中心とした方たちを診て、いま何が起こっているのか、何に困っているか、どうすればもっと良い状態になるのか。そういったことに対して、医療従事者としてアドバイスしたり診療したりすることがいちばん大切です。

ですが、そうした医療活動を続けるうち、そこでで得られた記録やデータや情報を科学的に分析すれば、さらに地域の人たちへのより良い医療につながっていくのでは、と考えるようになりました。そして、その分析や研究は、未来の日本にも必ず役立つはずですから。

「専門医」「認定医」の道をあえて選ばなかった2つの理由とは?

関連記事

2015/03/06更新

Vol.018 被災地内科医 森田知宏さん

最先端医療で10人を救うよりも別の方法で10万人を救う医療をめざして被災地での現状に向き合う

学習者・OBOG  2016/10/04更新

Vol.176 公文式OB・OGから後輩へのメッセージ

公文式学習で身につけた力は 必ずこれから 受験や仕事、研究などにいきてくる -KUMON Jフレンズセミナー-

バックナンバー

2017/06/07更新

Vol.044 仕掛学者 松村真宏先生

予想は裏切られた方がおもしろい ゴールに向かう道の途中を大切に

2017/04/07更新

Vol.043 労働経済学者 浦坂純子先生

積み重ねることで 見える景色は変わってくる 足元の一歩一歩を登って道を開こう

2017/03/10更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2017/02/03更新

Vol.041 プロゴルファー 武尾咲希さん

一打一打の積み重ねが 高みにつながるから 「結果」に至る「内容」を大切に

2017/01/06更新

Vol.040 森林政策学者 東南アジア地域研究
原田一宏先生

人生は一度で決めなくていい 回り道の経験は無駄にはならない 可能性が1%でもあれば挑戦しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.214
くもん出版の将棋シリーズ
「できた!」を積み重ねて「わかる」に ~公文式のよさを生かした商品づくり~
Vol.213
Baby Kumon 5周年
毎日の子育てをみんなで楽しむ 「Baby Kumonやりとりひろば」が オープン!
Vol.212
英語で視野を広げよう!
世界に触れ、仲間たちとともに 踏み出す一歩 -第9回 Ambassadors of Peace Network」(APN)開催-
Vol.211
「こどもえんぴつ もちかたサポーター」ってどんな商品?
大好評! 「こどもえんぴつ もちかたサポーター」 教室現場の声から生まれたアイディア商品
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.043 後編
海洋冒険家
白石康次郎さん
自分の幸せのために 思いの方向に舵を切ろう
Vol.043 前編
海洋冒険家 白石康次郎さん
自分の幸せのために 思いの方向に舵を切ろう
Vol.042
社会的投資研究者 伊藤健先生
「誰かのために」と考えたとき はじめて学びに対する意欲が湧く 「自分ごと」と「社会ごと」を重ねてみよう
Vol.041
宇宙飛行士 山崎直子さん
興味を温めていれば やがて道はつながる 自分がいる今を大切に歩もう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知病の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。