OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/11/24更新

Vol.015 サイエンスCGクリエイター 瀬尾拡史さん  後編

難解なものを「正しく、楽しく」
理解できる仕組みを作りたい

瀬尾 拡史 (せお ひろふみ)
1985年生まれ。株式会社サイアメント(SCIEMENT)代表取締役。東京大学医学部医学科卒業。大学在学中に専門スクール、デジタルハリウッドにも入学してCG制作を習得。現在は医学の専門知識に裏付けされたCG技術を医療や科学に活かす、サイエンスCGクリエイターとして活躍中。

「サイエンスを、正しく、楽しく。」をモットーに、日本でただひとりの“サイエンスCGクリエイター”として活躍する瀬尾拡史さん。東京大学医学部卒という異色のクリエイターが、サイエンスCGへと突き動かされた力とはいったい何か。そのルーツと展望を探ります。 注)CG:コンピュータグラフィックス(computer graphics)

「もうひとつの学校」で出会った、異なる世界の人たち

大学時代にはダブルスクールでCGの専門スクール、デジタルハリウッドにも通っていました。そこでは今まで自分が触れ合ってきた友だちや先生方とはまるで異なったタイプの人たちと出会うことができました。たとえば水道管工事の仕事をしながらCGクリエイターを目指している人がいたんです。人生で初めて水道管工事の仕事をしている人に出会い、その人がCGを学んでいる。とても新鮮な気持ちでした。自分のまったく知らない世界を知っている人たちといっしょにCGを学んで、世の中にはさまざまな考え方の人がいるのだということを思い知りました。

ダブルスクールだったと話すと「すごく忙しかったんじゃない?」とよく聞かれますが、そんなことないんですよ。東大の場合は最初の2年が教養課程。当時はその2年間で必要な単位を取ればよかったんです。入学して最初の半年、1限から5限までフルに授業を入れて全部合格すれば、それで単位は十分に取れる。そうすればあとの1年半は週に2~3コマの必修がある以外は自由になります。

面白いのは、たとえば社会人向けの講演会などでこのエピソードを話すと、「おお、それはすごい!」と言われるんですけど、現役の中高生に話すと「ふ~ん…」ていう反応。それもそのはずで、彼らは大学の1限よりもっと早い8時くらいから学校に行ってるわけですから。この反応の違いは、いかに大学に入ると学ばなくなるか、というひとつの証左ですね(笑)。サークルやバイトに時間をかけて、学ぶということとはかけ離れた大学生活にだけはしたくないと思っていました。だから専門スクールでのCGも、医学部の授業もちゃんとやろうと肝に銘じていました。

瀬尾さんが「すべてのことが一流ではなく二流という認識がある」と考える理由とは?

関連記事

2014/11/07更新

Vol.015 サイエンスCGクリエイター 瀬尾拡史さん

難解なものを「正しく、楽しく」 理解できる仕組みを作りたい

2015/01/16更新

Vol.017 リバネスCEO 丸幸弘さん

興味があることはまずやってみる 早くやってみる、突きつめてやってみる そのプロセスで夢は必ず現れてくる

2015/01/14更新

Vol.017 リバネスCEO 丸幸弘さん

興味があることはまずやってみる 早くやってみる、突きつめてやってみる そのプロセスで夢は必ず現れてくる

2015/10/09更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

2015/10/16更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

バックナンバー

2016/07/08更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2016/06/03更新

Vol.033 気象庁 有田 真さん

自分の好きなものの中に、 未来の自分がある 与えられた環境でベストを尽くそう

2016/05/06更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

2016/04/08更新

Vol.031 起業家 マリタ・チェンさん

世界はチャンスに満ちている テクノロジーの力で 世界の人々を助けたい

2016/03/04更新

Vol.030 貼り絵作家 岡森 陽子さん

学びや経験の積み重ねは 貼り絵のように重なり合い その人自身の色として輝きを放つ

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.164
未来を創る仕事-国立科学博物館
博物館は人生を豊かにしてくれる存在 「変化を感じる面白味」こそがサイエンス 独立行政法人 国立科学博物館 久保晃一さん
Vol.163
くもんの小学生向けドリル
家庭学習だからこそ育みたい “自学自習”の芽 くもんの小学生向けドリル ~夏休みにオススメのドリルを紹介!~
Vol.162
全国の公文式教室訪問(4)
世界一高い自立式タワー  「東京スカイツリー」に 一番近い教室
Vol.161
TOEFL Junior® Comprehensive体験レポート!
実際に4技能テストの サンプル問題にチャレンジ!
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.033 後編
立教大学グローバル教育センター長
松本茂先生
違う意見に耳を傾け、 体験を積み重ねることで 「学び」が獲得される
Vol.033 前編
立教大学グローバル教育センター長
松本茂先生
違う意見に耳を傾け、 体験を積み重ねることで 「学び」が獲得される
Vol.032
認知科学者 明和政子先生
やりたいと思ったことは 迷わず進んで「やってみる」 ぶれずに貫く自分をみている人がいる
Vol.031
声楽家 佐藤しのぶさん
歌も学びも、 人間の成長とともに成熟する だからこそ、人生をかけて探求したい
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、49の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知病の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから世界中の
人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。

公文式教室をお探しの方へ

算数・数学・英語・国語 /
Baby Kumon

公文OB
野村萬斎