OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/11/07更新

Vol.015 サイエンスCGクリエイター 瀬尾拡史さん  前編

難解なものを「正しく、楽しく」
理解できる仕組みを作りたい

瀬尾 拡史 (せお ひろふみ)
1985年生まれ。株式会社サイアメント(SCIEMENT)代表取締役。東京大学医学部医学科卒業。大学在学中に専門スクール、デジタルハリウッドにも入学してCG制作を習得。現在は医学の専門知識に裏付けされたCG技術を医療や科学に活かす、サイエンスCGクリエイターとして活躍中。

「サイエンスを、正しく、楽しく。」をモットーに、日本でただひとりの“サイエンスCGクリエイター”として活躍する瀬尾拡史さん。東京大学医学部卒という異色のクリエイターが、サイエンスCGへと突き動かされた力とはいったい何か。そのルーツと展望を探ります。 注)CG:コンピュータグラフィックス(computer graphics)

「勉強」という意識なく勉強していた小学生時代

ぼくの仕事は「サイエンスCGクリエイター」です。CGクリエイターとはいえ、扱う題材が娯楽的なカラーが強いエンターテインメントではないということで、最初に「サイエンス」をつけたということです。たとえば心臓の動きを映像化したような医療系のCGを中心として、薬品がヒトの身体のなかでどんな働きや作用をするのかを分子レベルで可視化するCGなども制作しています。医師免許もありますし、2年間の初期研修も修了していますが、医師としての活動はしていません。

小学校時代、勉強は好きだったと思います。というか、「勉強」という意識はなかったかもしれません。公文は4歳くらいからやっていましたから、それこそゲームに近い感覚でした。「ルールを憶えて、いかに速く解くか」というようなですね。小学4年のときには高校3年くらいの数学教材をやっていたと記憶しています。そのおかげか、中学受験に対しても特にたいへんだったという意識なく取り組めていましたね。

一方で、漸近線や指数・対数などの問題を小学生で解くことはできても、それをいったい何に使うのかとか、これは何に役立つんだろうとか、そういうことは全然分かっていなかったですね。解くための知識やルールは分かるんですけどね。そのギャップはありました。もちろん、後年、「こんなところで使うんだ」「こういうふうに役立つんだ」とわかるのですが、小学生時代はパズルやゲームの感覚でやっていたと思います。

ギャップといえば、小学生時代のぼくは、意外と足が速かったんです。よく言われていたのが、「運動神経はないけど身体能力は高い」。走ったり跳んだりは得意だったんですけど、そこに球技みたいにボールが絡んでくると急にダメ(笑)。「なんでおまえ足速いのに、ボールだめなの?」と、友だちには不思議がられていましたね。外で遊ぶのはけっこう好きで、友だちと公園でサッカーやったり缶蹴りしたり、ふつうの遊びに熱中していました。

子どものころから両親によく言われていたこととは?

関連記事

2014/11/24更新

Vol.015 サイエンスCGクリエイター 瀬尾拡史さん

難解なものを「正しく、楽しく」 理解できる仕組みを作りたい

2015/01/16更新

Vol.017 リバネスCEO 丸幸弘さん

興味があることはまずやってみる 早くやってみる、突きつめてやってみる そのプロセスで夢は必ず現れてくる

2015/01/14更新

Vol.017 リバネスCEO 丸幸弘さん

興味があることはまずやってみる 早くやってみる、突きつめてやってみる そのプロセスで夢は必ず現れてくる

2015/10/09更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

2015/10/16更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

バックナンバー

2018/11/09更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2018/07/13更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.285
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(6) 多賀幹子さん
ジャーナリスト多賀幹子さんが語る 指導者の情熱こそKUMONの神髄
Vol.284
ポーランド共和国に公文式教室開設
ポーランド共和国に公文式教室開設 ~KUMONは51の国と地域へ~
Vol.283
学習療法実践研究シンポジウムin ふくしま
「学習療法」「脳の健康教室」を活かし みんなで高齢者を支えるために
Vol.282
くろくまくん絵本10周年
くろくまくんに込められた想いとは?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.051 後編
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
Vol.051 前編
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
Vol.050
大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生
「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう
Vol.049
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。