OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/11/07更新

Vol.015 サイエンスCGクリエイター 瀬尾拡史さん  前編

難解なものを「正しく、楽しく」
理解できる仕組みを作りたい

瀬尾 拡史 (せお ひろふみ)
1985年生まれ。株式会社サイアメント(SCIEMENT)代表取締役。東京大学医学部医学科卒業。大学在学中に専門スクール、デジタルハリウッドにも入学してCG制作を習得。現在は医学の専門知識に裏付けされたCG技術を医療や科学に活かす、サイエンスCGクリエイターとして活躍中。

「サイエンスを、正しく、楽しく。」をモットーに、日本でただひとりの“サイエンスCGクリエイター”として活躍する瀬尾拡史さん。東京大学医学部卒という異色のクリエイターが、サイエンスCGへと突き動かされた力とはいったい何か。そのルーツと展望を探ります。 注)CG:コンピュータグラフィックス(computer graphics)

「勉強」という意識なく勉強していた小学生時代

ぼくの仕事は「サイエンスCGクリエイター」です。CGクリエイターとはいえ、扱う題材が娯楽的なカラーが強いエンターテインメントではないということで、最初に「サイエンス」をつけたということです。たとえば心臓の動きを映像化したような医療系のCGを中心として、薬品がヒトの身体のなかでどんな働きや作用をするのかを分子レベルで可視化するCGなども制作しています。医師免許もありますし、2年間の初期研修も修了していますが、医師としての活動はしていません。

小学校時代、勉強は好きだったと思います。というか、「勉強」という意識はなかったかもしれません。公文は4歳くらいからやっていましたから、それこそゲームに近い感覚でした。「ルールを憶えて、いかに速く解くか」というようなですね。小学4年のときには高校3年くらいの数学教材をやっていたと記憶しています。そのおかげか、中学受験に対しても特にたいへんだったという意識なく取り組めていましたね。

一方で、漸近線や指数・対数などの問題を小学生で解くことはできても、それをいったい何に使うのかとか、これは何に役立つんだろうとか、そういうことは全然分かっていなかったですね。解くための知識やルールは分かるんですけどね。そのギャップはありました。もちろん、後年、「こんなところで使うんだ」「こういうふうに役立つんだ」とわかるのですが、小学生時代はパズルやゲームの感覚でやっていたと思います。

ギャップといえば、小学生時代のぼくは、意外と足が速かったんです。よく言われていたのが、「運動神経はないけど身体能力は高い」。走ったり跳んだりは得意だったんですけど、そこに球技みたいにボールが絡んでくると急にダメ(笑)。「なんでおまえ足速いのに、ボールだめなの?」と、友だちには不思議がられていましたね。外で遊ぶのはけっこう好きで、友だちと公園でサッカーやったり缶蹴りしたり、ふつうの遊びに熱中していました。

子どものころから両親によく言われていたこととは?

関連記事

2014/11/24更新

Vol.015 サイエンスCGクリエイター 瀬尾拡史さん

難解なものを「正しく、楽しく」 理解できる仕組みを作りたい

2015/01/16更新

Vol.017 リバネスCEO 丸幸弘さん

興味があることはまずやってみる 早くやってみる、突きつめてやってみる そのプロセスで夢は必ず現れてくる

2015/01/14更新

Vol.017 リバネスCEO 丸幸弘さん

興味があることはまずやってみる 早くやってみる、突きつめてやってみる そのプロセスで夢は必ず現れてくる

2015/10/09更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

2015/10/16更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

バックナンバー

2016/12/02更新

Vol.039 車椅子バスケットボール選手
藤澤 潔さん

「どんな自分でいたいか」を イメージして文字に書き起こすと 夢の実現に向けた努力ができる

2016/11/04更新

Vol.038 スイーツジャーナリスト 平岩 理緒さん

コツコツを積み重ねれば 必ず自分の力になり結果を生み出す 夢があればやがてひとつの道でつながる

2016/10/07更新

Vol.037 宇宙ベンチャー・株式会社ALE代表
岡島 礼奈さん

可能性に限界はない 目標を大きな山と考えれば、 登り方はいくらでもある

2016/09/09更新

Vol.036 シュアール代表、手話通訳士
大木 洵人さん

一人ひとりが得意を伸ばして 補い合えば 組織は大きく飛躍する

2016/07/29更新

Vol.035 経済学者 澤田康幸先生

学びの本質とは 「新しい発見」に行きつくこと 努力を怠らずにやり抜こう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.184
就労支援としてのKUMON-
S&Jパンドラ(前編)
障害のある人を “自信と誇りに満ちた働き手”に プロデュースしたい
Vol.183
新たに見出された「学習療法の効果」とは?
高齢化社会を支える「学習療法」 -第2回 学習療法 実践研究シンポジウム in大阪より-
Vol.182
作者は小学3年生!
絵本『一日だけうさぎ』刊行
あたりまえの日常を、 新たな目線で切り取る発想 ~「おはなしエンジェル子ども創作コンクール」受賞作が絵本化~
Vol.181
実用に生かせる公文書写
手書きの年賀状で 「あなたの気持ち」を 伝えてみませんか
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.038 後編
経済学者 松繁寿和 先生
教育による人の成長は 人的資本としての価値を高める 「自分がどう生きたいか」を考えよう
Vol.038 前編
経済学者 松繁寿和 先生
教育による人の成長は 人的資本としての価値を高める 「自分がどう生きたいか」を考えよう
Vol.037
日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生
世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう
Vol.036
オノマトペ研究家 藤野良孝 先生
五感を使った体験で 学びは「グングン」強化できる オノマトペで人生豊かになる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、49の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知病の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。

公文式教室をお探しの方へ

算数・数学・英語・国語 /
Baby Kumon

公文OB
野村萬斎