教室を開いている間、自分の子どもはどうしたらよいですか?

多くの場合は、先生のお子さまも他の生徒と一緒に勉強していますが、
お子さまの年齢によっても異なりますので、説明会でご相談ください。

幼稚園や小学校低学年のお子様をおもちのくもんの先生はたくさんいらっしゃいます。
実家や保育園などで預けながら先生をやっている方もいらっしゃいますが、預けることができない方も、教室中に我が子の様子を確認するなど、それぞれの工夫をしていらっしゃいます。そのような方の工夫例などを説明会にてお伝えすることが可能ですので、お気軽にご相談ください。

閉じる