• 学年別公文式の特長
  • 教科・教材
  • 学習の流れ
  • 会費・入会の流れ
  • 夏の特別学習
  • 教室見学
  • よくあるご質問

学習のヒント | 公文式 ステップアップ・アドバイス 学年を越えて学習が進んだときは

学習が順調に進んでいます そろそろ受験が気になりますが、このまま公文を続けるべき?

高校レベルの教材まで続けると公文式のよさが分かります

公文式の学習は、受験にも役立ちます

公文式の学習が順調に進んでいくと、学校で教わっている内容よりも先に進む(学年を越える)ことになります。しかし、公文式の教材は受験用につくられたものではないので、受験が気になる方もいらっしゃることでしょう。

受験前のある期間は、公文式とは別に、受験テクニックの訓練が必要かもしれません。しかし、基礎学力や、「自分から学ぶ」力が不十分のまま受験勉強をしても、努力の割に、効果の薄いものになってしまいます。

公文式で身につける基礎学力や、「自分から学ぶ」力は、受験にも、合格した後の勉強にも役立ちます。受験のために、公文式の学習を途中でやめてしまうのは、とてももったいないことです。

学習の成果は、最後に大きく花開きます

「プロ」といわれるくらいのレベルになるには、伸びるための準備期と、ぐんぐん伸びる発展期を3回くり返すことが必要だといわれています。伸びては力を蓄え、次に、それまで以上に伸びる。このくり返しです。

ところが、頭打ちになったり、一定の成果に満足して学習をやめてしまうと、その先にある、最も力が伸びる機会を失うことにもなりかねません。高校レベルの教材まで学習を続けると、実際に中学・高校へ進んだときに、大きな成果を実感できます。ぜひ、学習を続けてください。

詳しく

成果が大きく伸びる「発展期」を知ろう

学習の成果がどのように上がっていくのか、全体の流れを見てみましょう。

学習の成果は、こうして上がる

励みにしよう! 表彰制度

意欲を持って学習を続けられるよう、さまざまな表彰制度を設けています。

みんなの「がんばり」を表彰

Top of Page