• 学年別公文式の特長
  • 教科・教材
  • 学習の流れ
  • 会費・入会の流れ
  • 無料体験学習
  • 教室見学
  • よくあるご質問

学習のヒント | 公文式 ステップアップ・アドバイス 学校の成績がなかなか上がらないときは

教材の進み方が足踏み状態 学校の成績も思うように上がらず、何だか心配です。

この時期を乗り越えると、次に大きく伸びていきます

スランプを感じる時期は、誰にでもあります

「これまで順調に教材が進んでいたのに、急に進み方が遅くなった」「公文式の学習をがんばっているのに、学校の成績がなかなか上がらない」──。こんな不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

学習の成果は、常に一定のペースで上がるものではありません。ぐんぐん伸びたら、次は足踏み状態になるのは普通のことです。これは、次に伸びるための力を蓄える大切な時期。がんばって学習を続けると、次には、さらに大きく伸びる時期がやってきます。

詳しく

次に伸びるための「高原期」を知ろう

学習の成果がどのように上がっていくのか、全体の流れを見てみましょう。

学習の成果は、こうして上がる

小学校の間は、成果が見えにくいこともあります

公文式の目標の一つは、中学・高校へ進んだときに困らないだけの学力を身につけることです。つまり、学習の成果が一層発揮されるのは、中学・高校へ行ってからだともいえるでしょう。

小学校の間は、学習内容や、学校側が成績を判断する基準との関係で、成果が見えにくいこともあります。その場合も、落胆したり、あせったりする必要はありません。公文式で学習を始めた当初よりも、「自分から学ぶ」力や学力は高まっているはずです。教室の先生とも相談しながら、ぜひ、お子さまの進歩を長い目で見守ってあげてください。

励みにしよう! 表彰制度

意欲を持って学習を続けられるよう、さまざまな表彰制度を設けています。

みんなの「がんばり」を表彰

Top of Page