スマホサイトを見る

  • 学年別公文式の特長
  • 教科・教材
  • 学習の流れ
  • 会費・入会の流れ
  • 無料体験学習
  • 教室見学
  • よくあるご質問

年長からはじめるくもん

お近くの教室を探す

  • 1日約30分・週2回の教室学習です。
  • 入会金や教材費は不要。一教科あたり月額6,480円です。
    (教科はこくご・さんすう・えいごから選べます)

毎日の学習習慣と基礎学力で、
自信と余裕を持って小学校の準備ができます

年長ではどんなことをするの?

公文生の82%
学習習慣がついた
と回答

公文式に通って
変わった点はなんですか?

※公文生の保護者100人に
アンケート調査(複数回答)

できた!
を積み重ねて、
学習への興味をのばします

達成感を感じながら、楽しく学習に取り組めます

年齢の小さい今がはじめどき!

小さいお子さまほど、楽しいと感じたものは習得も早く、予想以上の集中力を発揮します。遊び感覚で学ぶうちに、自然とかしこい子に育ちます。
小学校に入る前は時間がたっぷりあるので学習習慣も身につけやすいですね。毎日続けてきたことが習慣になりその子の個性となります。ぜひこの時期に公文式を始めさせてあげてください。

英語学習をお考えの方はこちら

家で学習するのとどう違うの?

手が止まってしまった時、

お子さまができるまで待たず、
つい答えを教えて
しまっていませんか?

くもんなら

自分でできた!
を積み重ね、
学習を好きになるよう、
くもんの先生が導きます

1

くもんの先生がお子さまに、
「ちょうど」の教材
を選びます

くもんの先生は、お子さまが自分で考えて「できた!」という達成感を感じられる、簡単すぎず難しすぎないレベルの教材を準備します。

2

1人で学習できるまでは
先生・スタッフのそばで学習

教室によっては先生のほか、数名のスタッフを配置。一人ひとりの様子を見守り、つまずいた所やわからない所に適切なヒントを与えます

3

経験豊富な先生が、
お子さまのやる気の引き出し方をお伝えします

ご家庭での取り組ませ方や、お子さまのやる気の引き出し方
多くの子どもたちを見てきた先生だからこそ、できるアドバイスがあります。

お子さまにあうかどうかがわかります!

お近くの教室を探す

楽しいだけじゃなくて、ちゃんと学力もつくのかしら…

ご家庭の学習で…

お子さまの
力にぴったりあった教材
で進めてあげていますか?

くもんなら

一人ひとりのペースにあわせ、
小学校でつまずかない
学力を身につけます

1

細かいステップに分かれた教材で、むりなく力を高めます

らくにできるところから始めて少しずつ学習レベルを高めていける教材だから、知らず知らずのうちに確かな学力が身につきます。

2

お子さまの
性格や進め方にあわせて
学習内容を調整します

まだ小さなお子さまは、やる気の波も大きくなりがち。先生はお子さまの性格やその日の気分、体調にあわせて学習内容を調整しています。

学年相当以下 44.7% 1学年以上先 31.1% 2学年以上先 14.8% 3学年以上先 9.3% 公文式学習者(小3)の進度分布 ※2014年7月度全国データより

3

50%以上の公文生が
学年を越えて進みます

公文式は、まだ教わっていないことを自ら学び取る「自学自習」によって能力を高め、学ぶ喜びを知ってほしいと考えています。実際に半数以上の子どもたちが、自分の学年を越えた内容を学習しています。

就学準備もできるの?

1

小学校でもスムーズに学べる、
学習姿勢が身につきます

いまのうちに、教室やご家庭での学習習慣をつけておくことは、小学校以降の学習にも大いに役立ちます

年長|保護者
最初は先生の側で学習してましたが、だんだん離れて一人で学習することができるようになりました。生活の中にも学習で学んだことが活きていると感じる場面がありました。
年長|保護者
我が子は年長ですが、小学生のお兄さんお姉さんと勉強することで刺激された様子。一人で教室に入りたいといいだしました。

2

先生や教室の雰囲気、教材など、
お子さまが楽しく取り組めそうか見てみるだけでOK

先生や教室の雰囲気を見てみたいと思われたら、いつでも教室見学を受け付けていますので、お気軽に教室を見学してみてください。

お子さまにあうかどうかがわかります!

お近くの教室を探す

くもんの教室について知る

1

2教科学習する場合のスケジュール例

教室が開いている時間内(14時~19時くらいが一般的です)にお越しいただき、その日の教材に取り組みます。

2

くもんでの1日の流れ

  1. 1. 入室・あいさつ

  2. 2. 教材でのくもん学習

  3. 3. 今日のまなびのチェック

  4. 4. さようなら!

3

小さなお子さまでも
楽しく学べる
こくご・さんすう・えいご教材

ひらがなの読み書きから小学校の準備まで、一人ひとりのお子さまにぴったりのステップをご用意しています。

小さなお子さまでも楽しく学べる教材を動画で紹介

よくあるご質問 ベスト3

今から始めるべきか、悩んでいます
先輩ママの答え
就学前に集中力をつけてほしい
まだ幼稚園で学習習慣がないので、小学校に入る前に習慣がつくと本人が楽になるかと思い、くもんを始めました。好奇心が旺盛で注意力が散漫なところがあるので、集中力をつけて小学校に入学してほしいと思います。(年長)
先輩ママの答え
楽しんでいるのがよくわかりました
体験に参加したところ、毎日行きたい!という程楽しんでいました。今日くもんいく?と保育園帰りに毎日聞かれました。出していただいた宿題も楽しそうにやっていました。本当に楽しんでいるのがよくわかり、まだ習い事は早いと思っていた両親ですが、今回始めることを決めました。(年長)
親が仕事をしていても通えますか?
先輩ママの答え
保育園のあとでくもんに行っています
我が家も共働きなので、保育園のお迎えのあとでくもんに行っています。少し遅い時間にはなりますが、先生たちが優しく迎えてくださるので子どもも頑張れるようです。保育園で遊ぶのとはまた違う刺激をもらい、楽しんで学習しています。(年中)
しつこい勧誘がないか心配…
先輩ママの答え
勧誘ではなく、学習の様子を伝えてもらえました
体験学習に参加しましたが、穏やかで親切な先生でした。ただ勧誘するのではなく、体験の様子をきちんと伝えていただき、それが自宅での学習の様子とも一致していたので満足して入会を決めました。(年長)

その他のよくあるご質問

教材・進め方について

まずは1教科からと考えていますが、どの教科から始めるのがよいでしょうか?

教室の先生にお気軽にご相談ください。

教科は、算数(数学)・英語・国語の3教科で、1教科から自由にお選びいただけます。小さなお子さまには算数のほか、ことばの理解力を高める国語もおすすめしています。まだ鉛筆で書くことに自信のないお子さまには、運筆力や筆圧を高めるための「ズンズン」教材もあります。お子さまの様子を拝見しながら一番あう教科を相談させていただくこともできますので、ぜひ一度教室にお越しください。
学習が進んだ先の教材を確認することはできますか?

すべてのステップの教材をご確認いただける教材一覧をご用意しています。

以下のページで各教科の教材一覧を確認することができます。 また教室見学をしていただくと実際の教材をご覧いただけます。
プリントを解くだけで本当に伸びるのですか?

伸びます。公文式の教材は、基礎から着実に伸びていけるよう、考え抜かれています。

公文式教材は、子どもの「ちょうど」にあわせたスモールステップをくり返し学習することにより、着実に力をつけていけるように作られています。また例題を上手く利用して、子どもが思考力をフルに発揮して「なるほど!」と納得しながら解いていけるよう、工夫されています。
宿題はありますか?

お子さまに無理のない範囲でお渡ししています。

公文式では週2回の教室学習の他に学習効果を高めるため、また学習習慣をつけるために宿題をお渡ししています。
お子さまが自分の力で解ける内容と枚数を個人別にお渡ししていますが、ご家庭での学習状況をみて、気になる点がありましたら教室の先生にご相談ください。

教室について

教室での付き添いは必要ですか?

保護者の方の付き添いは不要です。

公文式は、お子さまが一人で自学自習できるように考えられた教材です。基本的には、先生やスタッフが見守っていますので保護者の方の付き添いは不要です。不安なことや気になることがありましたら、教室の先生にお気軽にご相談ください。
教科の追加を検討中なのですが、子どもの負担にならないか心配です…

お子さまが無理なく取り組めるよう、教室の先生がサポートいたします。

新しい教科は、お子さまが楽しいと思う「すらすらできる」レベルからスタートするので、保護者の方が思われるほどお子さまは負担に感じないことがほとんどです。複数の教科を学習することで一つの教科がスランプになったときに他の教科への学習意欲が助けてくれるなど、相乗効果をもたらすことも多くあります。
また、必要に応じて宿題の量を調整するなど、お子さまが無理なく取り組めるよう、教室の先生がサポートいたします。
実際、7割以上の方が複数教科を学習しています。
現在学習中の教科数 ※公文生の保護者164人にアンケート
どの程度うちの子に目をかけてくれますか?

一人ひとりに目が届く仕組みを整えています。

先生の他に数名のスタッフを配置したり、先生が教室全体を見渡せるレイアウトにするなど、各教室ごとに工夫をしています。
先生は子どもたちの学習の様子を見守り、手が止まっているお子さまには、先生やスタッフが個別に声かけをして指導を行います。自分から質問できない性格のお子さまにはより積極的に声をかけるなど、それぞれのお子さまの性格にあわせて、声のかけ方やヒントの与え方を見極めています。
また、一人ひとりの学習結果(点数、かかった時間など)や学習の様子を再確認し、次回に渡す教材を検討します。先生は、こうした検討の時間を教室時間と同じくらい重要だと考えています。
家庭でのドリル学習とは何が違うのでしょうか?

決められた曜日に教室に通うことで、学習の習慣づけができます。

家庭では毎日の学習を続けていくのは大変ですが、教室に行く曜日が決まっていれば学習に取り組む後押しになります。教室では専門の研修を受けた先生が、公文式教材を使ってお子さまの「ちょうど」を見極めながら指導します。先生の客観的な見極めと適切なほめ言葉が、お子さまの「自ら学ぶ力」を伸ばしていきます。
土日や平日の遅い時間に開いている教室はありますか?

土日や平日の遅くまで開いている教室もあります。

土日に学習できる教室は、全国的にも大変少ない状況ですが、一部開いている教室もあります。また平日に教室が開いている時間は一般的に14~19時くらいですが、教室によってはもう少し遅い時間まで開いているところもあります。詳しくはフリーダイヤルまでお問い合わせください。

フリーダイヤル 0120-372-100
(9:30~17:30 土日祝を除く)

幼稚園入園前の子でも入れる教室はありますか?

2歳や3歳から入れる教室も多くあります。

幼稚園入園前の2歳や3歳から受け付けている教室は多くあります。(一部、受け付けていない教室もございます。)
お気軽にお近くの教室までお問い合わせください。

まずはお気軽に教室までお越しください

教室見学(無料)いつでも受付中!

保護者だけでも
親子一緒でも

お近くの教室を探す

郵便番号から探す

例)1234567

お電話での教室案内も行っています

0120-372-100

受付時間
9:30~17:30(平日のみ)
  • くもんの先生 独自の単位制度により、毎年数多くの指導研修を受けています。
  • 公文の理念・考え 公文式は、一人ひとりの「可能性の追求」をめざす教育です。
  • 世界に広がるKUMON KUMONは、49の国と地域に、「学び」を届けています。
  • 英語もKUMON! 楽しく学べて、しっかり身につく。 将来に役立つ英語力を育てます。
  • 幼児もKUMON! 3歳から年長のお子さまも楽しくもじ・かず・読み書きを学べます。
  • やっててよかった公文式!学習経験者のリアルボイスまとめサイト

教室見学のお申し込みは
お近くの教室まで!

他の教室を探す

お電話での教室案内も行っています

3歳から通える教室は?
遅い時間に開いている教室は?

0120-372-100【受付時間】 9:30~17:30(平日のみ)