企業での導入事例:日本コンピューター株式会社

仕事でも生活でも感じる「日本語の力」
先生とのオンライン音読レッスンが「学びのチャンス」に

この事例をダウンロードする(PDF)

伸び悩む姿に導入を決意
日報でわかる日本語能力アップ

はじめに、公文式を導入した経緯について、日本コンピューター株式会社ベトナム法人設立準備室係長の大藪克巳さんにうかがいました。

続きをよむ

――公文式を導入したきっかけについて教えてください。

大藪さん:3年前、社内では初めて4人のベトナム人の社員を雇用しました。彼らはベトナムにいた頃に少し日本語を学んでいたようですが、一度も日本人と会話をしたことがなく、来日した時は日本語を「使える」というところまでには至っていませんでした。来日後、しばらくは日本語学校に通ったり、社内で私たち日本人社員が教えたりしていました。来日した当初と比べれば、日本語で会話をしたり書いたりすることができるようにはなったのですが、そこから伸び悩んでいたことも事実でした。そこで「何かいい学習方法はないだろうか」とインターネットで探す中で行き着いたのが公文式でした。

――公文式日本語プログラムを導入する決め手となったものとは何だったのでしょうか?

大藪さん:実は、私自身が子どもの頃に公文式を学習したことがありましたので、公文式がそれぞれのレベルに合わせたところからスタートして、スモールステップで習熟を重ねながら確実にレベルアップしていくというものだということは知っていました。人事部の教育担当に相談したところ、彼のお子さんも公文式で学んでいて、公文式の良さに関して意見が合致し、2016年5月に導入しました。

――実際に導入してみて、効果はどのように表れていますか?

大藪さん:彼らには日本語で日報を書いてもらい、それを私が毎日チェックしているのですが、そのチェックがだいぶ楽になりましたね。以前は、「てにをは」やカタカナの長音の使い方などに必ず間違いがあって、正しい日本語を書き入れていました。その間違いがどんどん減ってきて、今では1週間一つも赤入れをしない時もあり、だいぶ日本語が上達してきていると感じています。

――公文式の良さをどこに感じていますか?

大藪さん:ベトナム人の社員は、仕事も日本語学習もとても真面目に取り組みますし、テキパキと動くところも日本のビジネスマンとほとんど変わりありません。そういう意味では、毎日コツコツと継続していく公文式は彼らには合っていると思います。今後、さらなるレベルアップを目指してほしいと思っています。

日本コンピューター株式会社 ベトナム法人設立準備室係長 大藪克巳さん

日本コンピューター株式会社
ベトナム法人設立準備室係長
大藪克巳さん

月2回の「オンライン音読レッスン」は
間違いを指摘してもらえる貴重な「チャンス」

次に、社員の皆さんに約1年間、公文式で日本語を学習してみての感想をうかがいました。まずは、スマホアプリやWEBシステムの設計から開発までの業務を担っているフング・シャン・ダンさん。

――実際に公文式で学んでみて、いかがでしたか?

ダンさん:私は無理やりに「これを覚えなさい」と言われることが嫌いで、それでは頭に入ってこない。でも、公文式はくり返しやっていく中で、自然と覚えていける。それがとてもいいと思います。それと、ふだん会社で話をしていて、「あれ?今の日本語は正しいのかな?」と思うこともあるので、月に2回の「オンライン音読レッスン」では、先生からきちんと間違っていることを教えてもらえるので、すごく助かっています。

――どんな時に、日本語が上達したなと感じますか?

ダンさん:私はよく日本語の新聞や本を読むのですが、全部はわからなくても、少しずつ理解できる言葉が増えてきていて楽しいです。時々、文章の中に公文で覚えた言葉が出てきたりするとうれしくなります。

――今後の目標は何ですか?

ダンさん:きれいな日本語を話せたり、書いたりするまでに上達したいです。今は、自分が書いたメールの文章などで「ちょっと変だったな」と思ったりすることがあります。逆に日本人からもらったメールを読むと「きれいな日本語だなぁ」と自分との違いを感じるんです。だから自分が納得できるくらいまで頑張りたいと思っています。

フング・シャン・ダンさん

フング・シャン・ダンさん

先生とのたわいない会話が学習する「楽しさ」に

次に、自治体の保健システムを担当し、設計開発に携わっているブイ・テー・ミン・ルアンさんにお話をうかがいました。

――公文式で日本語を学んでみて、いかがですか?

ルアンさん:私が一番いいと思うのは、月に2回の「オンライン音読レッスン」です。わからないところを先生に直接聞けるのがいいですね。例えば、日本語の意味はわかっても、どういう時に使うものなのか、どういう時は使わないものなのかということは、先生に教えてもらわないとわからなかったりするので、とても良いです。先生は優しくて、いつも笑顔。日本語の学習以外のことについても、日本の生活や文化のことをたくさん教えてくれて楽しいです。

――仕事においては、どんな効果が表れていますか?

ルアンさん:会話では、まだ困ることもありますが、それでも以前よりは良くなったと思います。システムの説明は複雑なので説明しきれないところもありますが、だいぶ相手にも伝えられるようになってきました。自分の日本語能力がアップしていることを実感しています。

――日常生活ではいかがですか?

ルアンさん:『ワンピース』など日本のマンガを読んだり、テレビアニメを見たりした時に、わかる日本語がどんどん増えてきました。また、スーパーで買い物をする時も、商品に書いてある説明文を読んで、なんとなくどういうふうに使うものなのかということが理解できるようになり、うれしいです。

――今後については、いかがですか?

ルアンさん:自分の日本語能力に自信を持って、相手と話できるようになりたいと思います。

ブイ・テー・ミン・ルアンさん

ブイ・テー・ミン・ルアンさん

「面倒」「不安」の印象から始まった公文式
今では苦手だった「音読」も大好きに

最後に、タイに在住の日本人女性を対象としたウェブサイトのシステム設計開発を担当しているチン・タン・ロンさんにお話をうかがいました。

――公文式学習の印象はいかがですか?

ロンさん:私は先輩からすすめられて始めたのですが、最初は簡単だったので「本当に力がつくのかな」と思いましたし、「くり返しはちょっと面倒だな」と思ったんです(笑)。それと、月2回の「オンライン音読レッスン」に対しては、日本人の先生に質問をされた時に、ちゃんと答えられるかどうかが不安でした。でも、それらはすべてすぐにクリアになりました。

――教材についてはどんなところが良かったですか?

ロンさん:私は読むことが苦手だったのですが、日本の昔ばなしや、日本の歴史など、自分が興味のある内容もあったので、いつの間にか読むことが好きになりました。そのおかげで、日本語のアクセントに慣れてきて、仕事でもスムーズに会話ができるようになってきました。

――毎日、どのくらい勉強していますか?

ロンさん:平均で1時間くらいしています。

――日常生活では、どのように役立っていますか?

ロンさん:私はテレビを見ることが好きで、よく日本のニュースを見ています。公文式のおかげで理解できる部分が増えてきて、半分くらいはわかるようになりました。それから以前日本語があまり話せなかった時は、行きたい所があってもなかなか行けなかったのですが、最近では遊園地に行ったり、花を見に行ったりして楽しんでいます。

――今後の目標について教えてください。

ロンさん:日本語能力試験1級合格を目指して頑張りたいと思います。

今回お話をお聞きした学習者3名のうち、ダンさんとルアンさんは取材時にはすでに公文式日本語プログラムを修了されていました。ロンさんも修了目前ということで、3名とも短期間で日本語プログラムを修了されるという素晴らしい努力をされています。公文式日本語プログラムで培った日本語力を土台にしたこれからのご活躍が楽しみです。

チン・タン・ロンさん

チン・タン・ロンさん

(2017年3月現在)

この事例をダウンロードする(PDF)

KUMONをより知っていただくためのキーワード

それぞれのレベルに合わせたところからスタートして、スモールステップで習熟を重ねながら確実にレベルアップしていく

公文式の教材は、すべての教材がやさしい問題から高度な問題へ、非常にきめ細かな「スモールステップ」で構成されています。外国人向けの日本語教材(外国語教材)も同じ考え方で、単語や文のリスニング・復唱から始まって基本的な文法の習得し、長文読解学習に進み、豊富な語彙と高度な読解力を養成します。

外国語教材とは? 公文式の教材についてくわしくご紹介しています。 KUMONの教材 KUMONの教材

最初は簡単だったので「本当に力がつくのかな」と思いました

公文式は、一人ひとりの「学力に応じた学習」 を行う個人別・学力別の学習法です。 らくにできるところを出発点にして学習を始め、常に自分の力にあった教材を自分のペースで解き進めることで、学ぶ楽しさとできる喜びを育みながら学力を高めます。これを公文式では「ちょうどの学習」と呼んでいます。

ちょうどの学習とは? 公文式学習についてくわしくご紹介しています。 公文式の特長~公文式学習とは~ 公文式の特長
~公文式学習とは~

企業での公文式 外国人のための日本語

トップ

お問い合わせ 事業開発本部 日本語事業部

導入に関するご質問・ご要望はこちらへ。お気軽にご相談ください。

    • 0120-494-625
    • 9:30~17:30 土日、祝日を除く
    • ※英語・ポルトガル語・中国語で対応いたします。
資料請求

ご希望の方にはパンフレット・
公文式教材の見本をお送りします。

資料請求フォーム

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、49の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知病の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。