企業での導入事例:フジアルテ株式会社

仕事の幅を広げた公文式日本語学習
上達の実感が学習継続のモチベーション

この事例をダウンロードする(PDF)

第一印象は「これなら続けられる」
上達している実感がモチベーションに

まず初めに導入のきっかけについて、フジアルテ株式会社営業本部・人材開発部リーダー松井陵子さんにお聞きしました。

続きをよむ

――公文式を導入されたきっかけを教えてください。

松井さん:私自身が子どもの頃に公文の教室に通っていて、その良さを知っていました。ですから、公文式日本語プログラムがあると知り、ぜひ導入したいと問い合わせました。弊社は全国に18の営業所があり、約3000名の日系ブラジル人社員が働いていますが、彼らの日本語能力を高めることができれば、例えば通訳なしでお客さまである依頼先の方々と直接コミュニケーションをとることができ、それによって業務の改善が進み、仕事に対するやりがいも大きくなるだろうと考えました。

そして、2012年に導入したのが通信で行う公文式の日本語プログラム。自宅で、社員それぞれのペースで学習することができ、またオンラインで行う月2回の音読レッスンでは、インストラクターの指導を直接受けることができる学習方法は、まさに会社が求めていたものでした。

次に、実際に公文式で日本語を学習している大山薫パウロさんにお話をお聞きしました。

――実際に学んでみて、いかがでしたか?

大山さん:公文式で学び始めた当時、日本語が全くわからないということはなかったのですが、間違った日本語の使い方をしながら、ジェスチャーを交えてなんとか話をしていたという感じでした。正直最初は「この歳になって勉強かぁ」と思ったこともあったのですが、実際にやってみたら、どんどん楽しくなってきて、夢中になって勉強するようになりました。一番良かったのは、自分の生活のリズムに合わせて、自分のペースで学習することができるという点。夜勤である自分にとっては、それが何よりもありがたく、「これなら続けられる」と思えました。

――毎日の生活の中で、どのようにして学習時間をとっているのでしょうか?

大山さん:基本的には私は夜勤なので、朝自宅に戻って食事をしてから、学習をするようにしています。だいたい30分くらい学習することが多いのですが、やる気が出てきた時には1時間くらいやることもあります。逆に、仕事で疲れてしまって、どうしてもやる気が起きない場合は、休むこともありますが、ほとんどの場合は「いや、少しでもいいからやろう」と思って、5分でも10分でもやるようにしています。

――疲れていてもやろうと思えるモチベーションはどこからきているのでしょうか?

大山さん:公文式を始めてから着実に自分の日本語能力が上がってきているという実感があるので、継続の重要性を身に染みて感じています。「ここでストップさせたくない!」という気持ちが一番にあります。

――実際にご自身の日本語が上達しているな、と感じたのはどんな時でしたか?

大山さん:普段の生活の中では、少しずつ話せたり、読めたりすることが増えていきましたが、一番難しかったのはビジネスでの会話です。日本語独特の尊敬語や謙譲語は、なかなか理解することができませんでした。でも、公文式を始めて2、3年ほど経った時、日本人の社員の言っていることが以前よりも理解できるようになり始めたんです。「あれ、今の話の内容、わかったぞ」と思った時は本当に嬉しかったですね。

――月に2回、インストラクターによるオンライン音読レッスンについてはいかがですか?

大山さん:自分で教材を学習していてわからないことが出てきた時、それを調べて解決するというのは、日系ブラジル人にとっては簡単なことではありません。でも、オンライン音読レッスンがあるおかげで、わからないところを先生に直接聞くことができて、とてもありがたいです。先生には、日本語のことはもちろんですが、生活をするうえでわからない日本の文化や習慣などについても聞いたりしています。例えば、日本では「お疲れさまです」という言葉をよく使いますが、ポルトガル語にはない言葉なんです。最初は意味がわかりませんでした。それを先生に聞いて、ようやく理解したということがありました。

公文式日本語教材

公文式日本語教材

大山薫パウロさん

大山薫パウロさん

広がり始めた“仕事の幅”と“信頼性”

ここからはフジアルテ株式会社出雲営業所の山内康己所長にもご登場いただき、職場での変化についてうかがっていきます。

――社内での変化はありますか?

山内所長:以前は、日系人社員のために書類やメールには、必ずポルトガル語の翻訳も添えるようにしていたのですが、2年前くらいからは少しでも日本語に触れて上達してほしいという思いから、ポルトガル語の翻訳は入れないようにしているんです。

大山さん:最初は、とても苦労しました(笑)。

山内所長:当時のラインリーダーの話では、大山さんに限らずほとんどの日系人社員から、「これは何と書かれているのですか?」という質問が飛び交って、最初から最後まで翻訳しなければならなかったそうです。ところが、公文式を続けている大山さんは、徐々に理解する部分が増えていき、質問も「ここまでは理解したけれど、この部分がちょっとわからない」というふうに変わっていったそうです。今では、大山さん自身が日本語で返信してくれています。

大山さん:話すことよりも、書くことの方が難しいですね。特にビジネス文書は、とても難しいですが、少しずつトライしています。

山内所長:日本語の上達とともに、職位も変わってきています。当時はオペレーターでしたが、今では製造責任のリーダーとして現場を管理してもらっています。

――日本語の上達によって、仕事の幅も広がっているわけですね。

山内所長:はい、その通りです。例えば、これまで大山さんが取引先からの電話を受けた時、必ず「○○さんに代わってください」と言われていました。それが、今では大山さんが直接応対するようになっています。取引先の方からも「大山さんに言えば、きちんと伝わるし、回答してもらえる」という信頼感を得ています。

――公文式を始めて4年目になりますが、今後の目標は何でしょうか?

大山さん:昨年12月に日本能力試験2級に合格しました。今は1級合格を目指していて、今年12月に試験を受ける予定です。

山内所長:合格すれば、出雲営業所では3人目の1級合格者です。大山さんが合格すれば、きっと他の日系人社員の刺激となり、日本語学習にも意欲がわくのではないかと思います。それが職場の活性化にもつながると期待しています。

山内康己所長

山内康己所長

コツコツ学習が力に
オンラインでの会話で知る嬉しい成長

2012年から月に2回、オンライン音読で大山さんのレッスンを担当しているのが、インストラクターの宮村ゆみ子先生です。宮村先生に、大山さんについてうかがいました。

――公文式を始めた頃の大山さんの日本語についての印象はいかがでしたか?

宮村先生:大山さんは長い間日本で生活をしていましたので、日常での会話についてはそれほど問題なかったと思います。ただ、読み書きについては相当苦労しているなと感じました。しかし当初から一貫しているのは、コツコツと真面目に学習に取り組む姿勢。これには、感心しきりです。

――大山さんの学習への意識の高さは、どういうところから伝わりますか?

宮村先生:例えば、読めない漢字があっても、なんとかして自分で読もうと努力されます。前後の文章から意味を読み取って予測してみたり、あるいは最初の部分だけヒントを与えると、そこから読み解いたり……。すぐに諦めてしまうということは、まずないですね。

――日本語の上達によって、大山さんにどんな変化があったのでしょうか?

宮村先生:大山さんをはじめ、海外の方にとっては漢字を覚えることが一番大変です。でも、最近では商品の取扱説明書も理解できるようになった、と喜んでいらっしゃいました。また、同じ日系ブラジル人の方を病院に連れて行って、通訳もしてあげているそうです。まさに「継続は力なり」。大山さんの努力の積み重ねによる賜物だと、私も嬉しくなりました。こうした会話をすることができるのも、オンラインならではの魅力ではないかなと感じています。学習者にとっても、私自身にとっても、お互いにモチベーションが上がることにつながっているのだと思います。

今後について、前述の松井さんが次のように語ってくれました。

松井さん:今後公文式日本語で学ぶ社員を増やしていき、日本語検定の上位レベルの合格者を今の100名から200名以上にしていきたいと、会社トップの方針で考えています。日系ブラジル人社員のますますの日本語力向上に期待しています。

宮村ゆみ子先生

宮村ゆみ子先生

(2016年8月現在)

この事例をダウンロードする(PDF)
参照サイト
フジアルテ株式会社

KUMONをより知っていただくためのキーワード

社員それぞれのペースで学習することができ

公文式は、一人ひとりの「学力に応じた学習」 を行う個人別・学力別の学習法です。 らくにできるところを出発点にして学習を始め、常に自分の力にあった教材を自分のペースで解き進めることで、学ぶ楽しさとできる喜びを育みながら学力を高めます。

一斉授業との違いは? 公文式学習についてくわしくご紹介しています。 公文式の特長~公文式学習とは~ 公文式の特長
~公文式学習とは~

着実に自分の日本語能力が上がってきているという実感がある

公文式の教材は、すべての教材がやさしい問題から高度な問題へ、非常にきめ細かな「スモールステップ」で構成されていますから、常に自分の力にあった教材を自分のペースで解き進めることで、学ぶ楽しさとできる喜びを育みながら学力を高めていくことができます。

スモールステップとは? 公文式の教材についてくわしくご紹介しています。KUMONの想い公文式の特長 
3 スモールステップの教材

企業での公文式 外国人のための日本語

トップ

お問い合わせ 事業開発本部 日本語事業部

導入に関するご質問・ご要望はこちらへ。お気軽にご相談ください。

    • 0120-494-625
    • 9:30~17:30 土日、祝日を除く
    • ※英語・ポルトガル語・中国語で対応いたします。
資料請求

ご希望の方にはパンフレット・
公文式教材の見本をお送りします。

資料請求フォーム

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、49の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知病の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。

公文式教室をお探しの方へ

算数・数学・英語・国語 /
Baby Kumon

公文OB
野村萬斎