くもんタイムとは



 学習習慣をつけ、効率よく学習するためには、毎日つづけて学習することが大切です。そのため教室からは、次の学習日までのあいだ、家庭で学習を続けるための宿題をお渡ししています。家庭での学習を習慣づけるよい方法は、1日のなかで「教材を学習する時間」を決めて取り組むことです。これが、くもんタイムです。

 くもんタイムは、たとえば朝食後の30分、夕食前の1時間など、家庭での生活パターンによって決めるとよいでしょう。特に幼児・低学年のうちは、短いくもんタイムを1日2〜3回設定する方法も、集中して学習するためには効果的です。

閉じる