閉じる
閉じる

お子さまの年齢をお選びください。

「歌・ことばの働きかけ」の効果(0歳)

脳科学

「心の脳」へ働きかけ
泰羅 雅登 先生
泰羅 雅登 先生

東京医科歯科大学
大学院医歯学総合研究科教授

赤ちゃんは言葉の意味を理解しているわけではないのに、歌いかけ・読み聞かせによって、笑ったり、悲しんだりします。これは、感情をつかさどる大脳辺縁系、つまり「心の脳」に働きかけて育てているのです。

また「心の脳」は、怖い経験は避け、楽しい経験はもっとやりたいというように、行動の抑制(しつけ)や動機づけ(やる気)にも強く関係しています。つまり、「心の脳」は心の動きだけでなく、生きるための行動を決める大きな役割を果たしているのです。 脳は使わなければ発達しません。あかちゃんのときから、歌いかけ・読み聞かせなどの良い刺激で、「心の脳」を育てましょう。

続きを読む

発達心理学

コミュニケーションが 「考える力」を育む
田島 信元 先生
田島 信元 先生

白百合女子大学 人間総合学部教授
生涯発達研究教育センター所長
日本子育て学会常任理事

0歳の段階からお母さんと「やりとり」をすることで、多くの人とコミュニケーションする力が高まり、それが将来の「自分で考える力」に直結することが発達心理学からも明らかになっています。

子どもは本来、「自ら学び・考える力」を持っています。この「自ら学び・考える力」の発揮には、お母さんとのあたたかな「ことばのやりとり」がとても大きな役割を果たします。大切な0歳の時期に、親子で楽しく「やりとり」をしながら、お子さんが積極的に学んだり、考えたりする体験を最適にサポートするBaby Kumon をおすすめします。

続きを読む


Baby Kumonの効果

コミュニケーション力が高まる

反応はなくても効果はある

童謡はやさしいメロディーやテンポのよいリズムがあるので、歌詞を覚えやすく、子どもはたくさん歌ってもらっているうちに、知らず知らずのうちに歌えるようになっていき、ことばの数が増えていきます。
ことばが豊かになると、自分でものごとを考える力が育ち、自分で気持ちを落ち着けることができるようにもなります。
そして何より、人とのコミュニケーションが豊かになっていきます。

本好きな子どもに!

一人で本を読んでくれるように

子どもにとって絵本を読んでもらうひとときは、大好きなお母さんなどの身近な人のぬくもりを感じることができる安らぎの時間です。
その安心感や心地よさの中で、絵本の楽しさ、おもしろさを味わえるので、子どもは本がどんどん好きになっていきます。

幼稚園や学校生活を楽しめるように!

知らない人に慣れる もじ・かずに慣れる

Baby Kumonで遊びの中でもじやかずに触れられるため、Baby Kumonで育った子どもはもじやかずへの抵抗がありません。また先生と触れ合う機会もあるため、幼稚園や学校生活にもなじみやすくなります。

Baby Kumon卒業後は
公文式学習も同じ教室で
学習できる。同じ先生だから
すぐなじめ、“お勉強”の
スタートダッシュ
もできる

実際に、Baby Kumonの卒業生は"ちゃんと座れる"や"もじかずがわかる"と、たくさんの子どもたちを指導してきたくもんの先生からの報告があります。

くもんがBaby Kumonを始めた理由

公文式で伸びる生徒への調査結果

「ことば」に囲まれた環境

公文式学習で伸びていく生徒は、高い読書能力があり、乳幼児期から積極的な「ことばの働きかけ」を受け、豊かな「ことば」に囲まれた環境で過ごしていることがわかりました。

1,000万人以上の子どもの指導経験からの確信

KUMONが生まれて50年

これまでの指導経験から、くもんは0歳での「ことばのやりとり」が「自ら学び、考える力」の土台を育むことを確信しています。