スマホサイトを見る

  • 学年別公文式の特長
  • 教科・教材
  • 学習の流れ
  • 会費・入会の流れ
  • 無料体験学習
  • 教室見学
  • よくあるご質問

くもんの先生ってどんな人?

先生の取り組み

1

くもんの先生は毎年数多くの指導研修に参加

独自の単位制度のもと、先生は指導力向上のために日々努力しています。
公文式学習は教材だけでは成り立ちません。
その子に「ちょうど」のレベルと量のプリントを与え、観察し、タイミングよくアドバイスをして、できたことは大いにほめ、認める。
子どもたちをよりよく伸ばすため、くもんの先生は教室開設後も年間一定数の研修や学びの場に参加したり、自ら教材を解いたりして、常に指導の研鑽に励んでいます。

くもんの先生は毎年数多くの指導研修に参加

2

先生同士で自主的に勉強会を開いています。

先生同士で勉強会を開き、ディスカッションを行います。

先生同士で自主的に勉強会を開いています。

3

子どもたちの教材の解き方を研究しています。

子どもたち一人ひとりの教材の解き方を観察し、よりよい指導へとつなげています。

子どもたちの教材の解き方を研究しています。

4

一人ひとり個別のカリキュラム

公文式教室の先生は、一人ひとりの子どもたちに対して、「半年後、1年後にはどこまで進めるか」と進み方を予測したり、「小学校卒業までにはこのあたりまで進んでみよう」と、見通しを立てて指導をしています。
学習の進み方は個人別で、一人ひとりの学習状況にあわせて、きめ細やかに進め方を調整しながら、学習を見守ります。

一人ひとり個別のカリキュラム

3

子どもたちの目標達成をサポート

子どもたち自身にも、「いつまでに、どこの教材まで進みたい」と目標を意識して学習してほしいと考えています。
学習内容の難易度は適当か、量はどうか、どのくらい時間がかかっているか。これらを、総合的に判断し、目標を達成するための適切なアドバイスをすることがくもんの先生には求められます。

子どもたちの目標達成をサポート

教室では何をしてくれるの?

1

一人で学習できるまでは先生・スタッフのそばで学習

一人での学習が不安なお子さまは、先生・スタッフのそばに座ってもらい、学習状況をきちんと観察しながら徐々に一人で学習できるようにしていきます。

一人で学習できるまでは先生・スタッフのそばで学習

2

手が止まっている子には先生やスタッフが個別に声かけ

教室によっては先生のほか、数名のスタッフを配置。一人ひとりの学習の様子を見守り、つまずいた所、わからない所に適切なヒントを与えています。

手が止まっている子には先生やスタッフが個別に声かけ

3

お子さまに「ちょうど」の教材を選びます。

お子さまが自分で考えて「できた!」という達成感を感じられる、簡単すぎず難しすぎないレベルの教材を準備します。

お子さまに「ちょうど」の教材を選びます。

4

経験豊富な先生がお子さまのやる気の引き出し方をお伝えします。

ご家庭での取り組ませ方や、お子さまのやる気の引き出し方…多くの子どもたちを見てきた先生だからこそ、できるアドバイスがあります。

経験豊富な先生がお子さまのやる気の引き出し方をお伝えします。

保護者から寄せられた「くもんの先生ってこんな人」!

  • 子どもの成長を助けてくれる人、でしょうか。沢山の子供を見て来ているので、勉強についてだけでなく、子供の事等、色々な事も相談出来る、大先輩。
    (6歳女子のママ)

  • 子どもの性格をよく御存じです。姉妹で通っていますが、上の子と下の子では随分性格が違うのですがそれも全てお見通しで、公文学習についても上の子の公文はこうだよね、とか下の子にとっての公文はこうだよねとかよくお話ししたりします。
    (6歳女子、3歳女子のママ)

  • わが子を客観的に見てくれる、パートナーの一人。
    親では気づかないところも、褒めたり、指摘してくれたりします。
    (高1女子、中1男子、小1男子のパパ)

  • 親だと甘えてしまうけれど第三者だと厳しくもやさしくも冷静に対応してもらえ、子どもも素直に応じられて親と学校の先生の間のような感じ。
    (小3女子のママ)

  • 子どもの理解者であり、応援して下さっている方です。
    (小1男子のママ)

  • ほかの生徒さん(ご自分のお子様も含めて)から得た経験をもとに、公文式教材を土台にして子どもの力を伸ばして自信をつけてくれる存在です。
    (中2女子、小5男子、小2女子のママ)

  • 親子ともに自信を持たせてくれる存在です。幼稚園の時も学校でも、親子で凹んでるとき、くもんの先生に会うと、沢山褒めてもらえて元気をもらえました。
    日々の些細な会話にきちんと耳を傾けてくれているのがよく分かります。
    一年間で変わってしまう担任の先生とは違って、週二回の学習日ですが、何年も接してくれているので息子の性格もよく把握してくれていて、アドバイスを貰えたりして、とても心強く信頼してます、大好きです。
    (小1男子のママ)

  • 習い始めて日は浅いのですが、ベテランの先生なだけあって子どもたちの性格をよく理解して下さってます。
    子どもたちの学力についてもズバリ!で言ってくれ、こうしたら良いとかアドバイスも的確です。4月から学校に行くようになったら、こんな風にお母さんが勉強のフォローをしてあげて下さいとか教えてくれました。私も素直に聞くことが出来るのは先生を信頼しているからかも知れません。
    幼稚園の先生とは違った目線で子どもたちを見てくれ、お母さんも頑張っていますねと励ましてくれるので嬉しく思います。
    学習に集中しないでふざけている生徒さんに対して怒る時はビシッと怒る(笑)そんな所も頼りにしています。
    (5歳男子、4歳女子のママ)

  • とても信頼してます。安心して子供をお任せできます。なので学習や進度に関してはすっかりおまかせしてます。
    これからどんどん進むにつれて、何かあったときは頼りにしています。
    (中1女子、小2女子のママ)

  • やはり子どもにとっても親の立場でも「先生」であると思います。沢山の子どもを見てますし沢山経験も積んでらっしゃると思います。
    的確なアドバイスもあり時には近所のおば様でもあり尊敬できる人だと思います。
    (6歳男子のパパ)

  • 育児全般について、相談できる人ってそんなにいないと思います。
    私が、子どものことをプロとして相談したり、お話を聞く方の一人です。
    (5歳女子のママ)

  • 客観的に子どもの学習をサポートしてくれる人。
    親だとできないところばかりに目が行きがちだが、先生はちゃんとできるところは褒め、できないところは理解できるようサポートしてくださる。
    (6歳男子のママ)

  • まだ小学生になっていないので、勉強している子どもの姿を一番よく知っていると思います。家でドリルをしているのとは、また違うと思います。だから、家の外で勉強する子どもはどんな様子が、細かく教えてくれます。
    また、公文式という勉強方法に有効な子どもへの声かけ方法も教えてくれます。
    (5歳男子のママ)

まずはお気軽に教室までお越しください

教室見学(無料)いつでも受付中!

保護者だけでも
親子一緒でも

お近くの教室を探す

郵便番号から探す

例)1234567

お電話での教室案内も行っています

0120-372-100

受付時間
9:30~17:30(平日のみ)
  • くもんの先生 独自の単位制度により、毎年数多くの指導研修を受けています。
  • 公文の理念・考え 公文式は、一人ひとりの「可能性の追求」をめざす教育です。
  • 世界に広がるKUMON KUMONは、50の国と地域に、「学び」を届けています。
  • 英語もKUMON! 楽しく学べて、しっかり身につく。 将来に役立つ英語力を育てます。
  • 幼児もKUMON! 3歳から年長のお子さまも楽しくもじ・かず・読み書きを学べます。
  • やっててよかった公文式!学習経験者のリアルボイスまとめサイト

教室見学のお申し込みは
お近くの教室まで!

他の教室を探す

〒
例)1234567

お使いのブラウザによっては
位置情報の取得ができない場合があります。
お手数ですが、別の検索方法をお試しください。

お電話での教室案内も行っています

3歳から通える教室は?
遅い時間に開いている教室は?

0120-372-100【受付時間】 9:30~17:30(平日のみ)

Top of Page